メキシコヒマワリ



撮影:2013.09.19  京都・植物園



 チトニア  No 1833
 キ  ク 科
 ニトベギク属
 メキシコ原産
 ・草丈は150?200cmと高く、横にも同程度に広がる大型の植物。
 ・夏から秋にかけて鮮やかな朱色の花が咲く。
 ・花の直径は7〜12cmで花弁は12〜13枚が多い。 花色は朱色の他に橙色や黄色の品種もある。
 ・花弁が散った後にできる実は、種が熟すに従って鋭い棘状になる。
 ・葉は柄がある大きなものが互生する。
 ・茎や花茎は中空になっている。

撮影:2013.09.19  京都・植物園