ハナワラビ

(花蕨)



撮影:パラミタミュージアム



 フユノハナワラビ  No 1885
 ハナヤスリ科
 ハナワラビ属
 日本他原産
 ・冬緑性シダ.秋に芽生えて春に枯れる。
 ・根茎は短く、直立する。栄養葉は茎が長さ5〜12p、直径約2o。
 ・葉は長さ5〜10p、幅 8〜12pのほぼ五角形。
、  ・穂は長さ4〜10p、2〜3回分岐し、球形の胞子嚢を多数つける。 胞子は表面がわずかに粒がある網状。

撮影:パラミタミュージアム


撮影:山野草展