542 西明寺

2010年11月24日

No 4  西明寺

2010.11.18(木)、京都市右京区槇尾(まきのお)町にある、「槇尾山・西明寺」にやってきた。

天気予報は晴れなれど、時折小雨がぱらつく中を多くの人が訪れて、あまり大きくはないが、早くも駐車場は満タン状態である。車は高山寺近くに止めて、そこから約800mほど歩いて「西明寺」表参道に着く。

この川は「保津峡」方面に流れているようだ。

「西明寺」 表門。 (拝観料 ¥500)

ウイキペディアによれば・・・

西明寺(さいみょうじ)は、京都市右京区にある真言宗大覚寺派の寺院。山号は槙尾山、本尊は釈迦如来。 高雄山・神護寺、栂尾山・高山寺とともに三尾の名刹として知られる。
寺伝によれば、天長年間(824年〜834年)に空海(弘法大師)の高弟 智泉大徳が神護寺の別院として創建したと伝える。その後荒廃したが、建治年間(1175年〜1178年)に和泉国槙尾山寺の我宝自性上人が中興し、本堂、経蔵、宝塔、鎮守等が建てられた。
正応3年(1290年)神護寺より独立した。さらに兵火により堂塔は焼亡したが、慶長7年(1602年)に明忍律師により再興された。現在の本堂は、元禄13年(1700年)桂昌院の寄進により再建されたもの。

西明寺裏の参道(この橋を渡る)

さすがは紅葉の名所、たっぷりと”狩り”が出来たが、未だ京都の旅は始まったばかり、この後「神護寺」に向かうのであるが、それは後刻のレポートとしたい。

                       続く 

前(2010.11.23) 次(2010.11.25)


コメント

sawaka
2010年11月24日 21:22
木燃人さん 流石に京都の紅葉は素晴らしいですね、今年の夏の高温が、綺麗な色の紅葉になったとテレビで見ましたが、特に毎年見事な紅葉を見せてくれる京都は盆地も有るんでしょうか、寺院は整備が行き届いていますね、見る側も満足ですよね。


たきあん
2010年11月25日 08:08
木燃人さん
近くに居ながらここが西明寺とは知りませんでした。何度も通っていた道なんですが。 参道も紅葉尽くしで見事でしたが更に入門したとたん眼の前の燃えるような紅葉が大変印象的でした。 後から入って来る人達も一様に「わぁ〜綺麗!」と感嘆の声を上げていましたね。 本堂も落着いた雰囲気で「ここでいっぱいやりたいですね」と思わず洩らしてしまいました。 高山寺でも感じたことですが正直なところやはり写真では十分伝わらないもので頭の中の写真はもっと鮮やかです。 (一生懸命現場を紹介してくださる木燃人さんには申し訳ないですが) 忘れなれないお寺とはなりました。


shuttle
2010年11月25日 08:47
木燃人さん
この「西明寺」も、お参りした覚えがありません。素晴らしい紅葉です。「神護寺、高山寺とともに三尾の名刹」だそうですが、「神護寺」しか行ったことがないのです。この三寺は、距離的にも近いようですね。しかし、ツアーではなくて個人的に参拝しないと無理なんですね。


木燃人
2010年11月25日 15:40
shuttleさん
ここは私も今回初めて訪れました。 歩く距離の測定のために地図を見たら、高山寺と神護寺の間にたまたま見つけたので立ち寄ったのでしたが、こんなに紅葉がきれいならもっと宣伝があってもおかしくないと思いますが、和尚さんが控え目な方なのでしょうか、本などでも見たことは無かったです。


木燃人
2010年11月25日 15:47
たきあんさん
地元のたきあんさんですら、知らなかったという穴場だったのですねー!。(その割には来場者が多かったですがね) 毎度のことではありますが、私の写真には決して満足はしていません、それは安上がりのレンズを使ってるからだとは言いたくない、あくまでも私の技術が未熟であるかに他ならないからです。 折角の紅葉が台無しになってます。しかし、現状ではこれ以上どうにもならないのです。どうすれば上達するのでしょうねー。


木燃人
2010年11月25日 15:57
sawakaさん
うっかりして、お返事の順が逆になってすみません。 香嵐渓の紅葉も大変きれい、それは京都も同じと思いますが、写真屋にとっては、紅葉だけを撮るよりは、お寺などの建造物を画面に入れることで、画面構成が豊かになり、構図のバリエーションが増えるので、私は好きです。 ただ、たきあんさんのご指摘もあるように、本当の美しさをお伝え出来ないもどかしさは、どうにもなりません。一面では、数を撮れば上達するのかも知れないと、がむしゃらにシャッター押してますが、少しも進歩しないのが、情けないことと思ってます。 本当はもっともっと美しい事を申し添えておきます。