546 直指庵

2010年11月28日

No 8  直指庵

2010.11.18(木)、秋の京都、嵯峨野を歩きもみじ狩りを、今日は”T"さんと二人で楽しんでいるのであるが、その5番目に訪れたのは嵯峨野の一番奥、「北嵯峨」と呼ばれるあたりにひっそりと佇むのが「直指庵」である。

「直指庵」  (拝観料 ¥500)

ウイキペディアによれば・・・・・

直指庵(じきしあん)は、京都市右京区にある浄土宗の寺院。山号は祥鳳山。寺号はない。本尊は阿弥陀如来。隠れた秋の紅葉の名所としても知られている。江戸時代の1646年(正保3年)に独照性円が没蹤庵を建てたのに始まる。名前の由来は独昭禅師が黄檗禅の正統さを「直指伝心」することを旨としたことによる。その後荒廃し、幕末に浄土宗の寺として再興されたのが現在の直指庵である。再興時の建物は明治年間に消失し、現在の建物は1899年に再建されたものである。

来訪者が想いを綴る「想い出草」というノートがある。1965年頃から始まったとされ、現在では5000冊以上に上るという。秋の特別公開時には寺宝とともにノートが公開されている。一部書籍やWebサイト等で「(女性の)駆け込み寺」「想い出草は女性の想いを綴ったもの」と紹介されているが、直指庵の公式サイトではこのような事実はなく誤りとしている。もちろん男性の拝観や「想い出草」への書き込みも可能である。境内にはモリアオガエルの生息地がある。

直指庵」と言えば、幸せに見放された女が救いを求めて来る所らしくひっそりとしているのが、あたかもそれらしき雰囲気かと思いきや、ウイキペディアによると、そうでもないらしいが、真実がどうかは別にして、そういう寂しさが漂う寺として置いた方が私は好ましいと思うのである。

この「直指庵」も紅葉のきれいな所として、紹介されることは多いが、今日のこの色はどうしたものであろうか?。ここより少し北で標高も高い神護寺があのように赤く色付いているのに、ここは未だ先だと言う顔をしている。原因は相当に不幸な女が転がり込んでいるのかも知れない??。そうか!、ならば、そっとして置こう!。

道中で見つけた、「皇帝ダリア」が見事に咲いていた

大覚寺の駐車場に戻ったが、早くも15時を大きく回ってしまった。この次の訪問予定地は「清涼寺」と決めていたが、帰りのバスは17時30分に京都駅八条口を出る便を予約しているので、もうひとつ訪問するには時間が足りないし、混雑する市内を走ってもらわねばならないので、残念ながら、本日の京都歩きは”これまで”としたのであった。

今回は京都の”T"さんに車を運転して戴き、大変に楽な”京都てくてく歩き”(総歩行数16302)が出来たし、また、流石は京都の紅葉、息をのむ美しさも堪能させてもらったし、一人で歩くも気ままながら、道中のおしゃべりも楽しむ事が出来、本当に楽しい一日であった。 ”T"さんありがとう。

                    完

前(2010.11.27) 次(2010.11.29)


コメント

shuttle
2010年11月28日 20:34
木燃人さん
「直指庵」と言う名前は聞いた覚えがあります。確か「駆け込み寺」のように聞いていましたが、解説では、どうも違うようですね。嵯峨野の遠く北にあるんですか。私は訪ねたことはありません。写真などで見るとやはり紅葉の名所のようです。自動車がなければ、一寸行けそうにありませんね。


sawaka
2010年11月28日 21:23
木燃人さん
秋の京都旅、「嵯峨野散策」いいですね。 「直指庵」行きました。50年も前の事 ですが、京都のお寺は少しも変わっていま せんね。アルバム再度ひも解いてみます。 我が家の、皇帝ダリヤも見事に咲いてくれ ましたが、背が高すぎて、カメラが届きません。 明日、挑戦してみます。色は、一色のようですね。


木燃人
2010年11月29日 07:46
shuttleさん
「直指庵」は嵯峨野では一番奥ですし、大覚寺あたりまではバスが来ますので、車がないとそこからは歩かねばなりません。でも、そんなすこし寂しくあまり人の多くないひっそりとした所もいいのではないかと思ってます。


木燃人
2010年11月29日 07:51
sawakaさん
ここは京都に来る女性の多くが一度は訪れたい所のようですね。私は、20年ぶり位になりましたが、殆ど変ってない様に思いました。それがまたいい所です。 皇帝ダリアのことはよく知りませんが、そう言えば色はこれ以外は目にしませんねー!。


たきあん
2010年11月29日 13:06
木燃人さん
天下の大覚寺の後ですからここは私の庭に毛が生えた程度にしか感じませんでした。 もう40年も前のことです。当時ここは人気寺でしたがもう今は何も感じません。 これで最後のお寺になりましたがこんなに回ったのは人生初めてのことです。 良い思い出になりました。又誘って下さい。有難うございました。


木燃人
2010年11月29日 16:32
たきあんさん
いやー!、ほんとにお世話になりました。 そうですね、直指庵は艶やかさはありませんが、それが如何にも「駆け込み寺」らしくていいと思いましょう。その方が夢があるように思いますよ。 次の京都ですが、嵯峨野に宿題が残っていますし、普通つまらないとして、人が訪れない所も含めた大原野周辺、実相院から詩仙堂あたり、それに長岡京一帯など、行かねばならない所は多々あります。 春までの暫くは、特別なテーマ(花など)はありませんが、行きたくなったら、声を掛けますので、都合が付けばご一緒して下さい。