2010年12月22日  No 560

ニュージーランドの旅 9.フルーツショップとアロータウン


2010.12.06(月)  旅行4日目

オマラマという所の羊牧場で食事とショーを見た後、バスで一号線という無料でガードレールのない、曲がりくねった高速道路を時速100Kmでさらに南下する。南極昭和基地は未だ見えてこない?。

クロムウエルというところのフルーツショップでトイレ休憩だ。 大きく育ったポプラ並木が美しい。美しいが、何でもここはジャンボだ!。

思わず山形天童のサクランボを思い出していたが・・・

未だ熟してはいないが、近くで見ると、「天童」のより粒が少し大きいように思う。

バラ園もあった。

バラは何処で見ても美しい!。

クイーンズタウンは近くであるが、少し寄り道をと、「アロータウン」に入った。

「アロータウン」とは、1862年に金が発見され、ゴールドラッシュで賑わった街で、今も当時の街並みが残されており、西部劇を思わせる店もある。

郵便ポストが赤いのは世界共通か?。

ここ「アロー川」には、探せば未だ小粒ながら金があるそうだ。ここにやって来て一攫千金を夢見るのもいいのかも?。

このあと、今旅のハイライトと添乗員の言う「クイーンズタウン」に入るのであるが、それは次回のお楽しみとしたい。

                     < 続 >



付録

旅について思うこと

先日のこのブログで、ニュージーランドへの旅のきっかけと、世間の感覚と少し異なって私のひとり旅へのアレルギーが全く無いことを書いたので、今回はその延長線上で思い付くことを書きたいのである。

お一人様専用の旅」募集は以前からあったが、何故かどの企画も、強烈に高価で私にはとても手が出せなかった。一部のお金持ち用のものだと諦めて居たが、最近は「お一人様の旅行」が増えたために(?)かなりお値打ち価格になってきたように感じている。

ネット上にあらゆる”趣味を通じた集まり”のサイトがあって、そこは推定10万人を超える会員がいて、私もすでに2年以上会員になってるが、その中には無数の会(コミュニティ)があり、意見交換やらオフ会やら写真の展示などが行われている。

その会の一つに旅行会社が関連する「ひとり旅」と言う名の会があって、5千人近いメンバーが登録されているし、旅の募集も行われていて、ひとり旅の情報が簡単に得られるのである。 今回の旅の情報もここから得たものであったのだ。

この旅行会社の場合、旅に出発の一週間前に参加者を集めて、説明やら自己紹介を行わせて、知らないものばかりの中で、寂しい旅に終わらせないような配慮がされているので、自分さえ許す心になれば、新しい友達が出来、楽しさが増えると想像できるのである。

友達は減る一方の今日、もしも、新しい友が出来るのなら、それだけでも参加する価値はあるとさえ思うのである。成田発の場合は、多分関東地区でこの「こんにちは会」が行われるであろうから、大変であるが、今回は名古屋であったから、容易に参加できたのである。

旅の丁度一週間前の、11月26日(金)、早く終わったら、栄町の美術館にでも行こうと勇躍出掛けたのであったが、そこには思いもかけない事態が待ちうけていたのであるが、そのことはまたの機会に書きたいと思うのである。

                         続く


前(2010.12.22) 次(2010.12.24)

コメント

shuttle
2010年12月22日 18:58
木燃人さん
「美しいが、何でもここはジャンボだ!。」全く仰るとおりです。サクランボまで大きいのですね。また、「西部劇を思わせる店もある。」と言う事ですが、店と言うより街そのものが、まるきり西部劇の街です。外国へ行ったと言う感覚が、良く掴めた事でしょう。 付録は、なにやらハプニングが起きた予感を示しています。何が起こったのかな。知人とバッタリとか?


木燃人
2010年12月22日 19:32
shuttleさん
こんな所に来ると、外国に来ていることを一層実感します。歴史に関わる建造物などは、やはりこうやって、起こして置くべきとつくづく思います。 たいしたハプニングではないのですが、勿体ぶった表現になってますが、これは”手”ですから・・・。


たきあん
2010年12月22日 21:44
木燃人さん
町並みは白ペンキが目立ちます。前にも言いましたが父がアメリカで撮ってきた写真と雰囲気が似ています。 青空と白ペンキ・・・兎にも角にも底抜けに明るい印象です。 物珍しいですが住みたいとは思いませんね。やはり日本がいいです。 >私のひとり旅へのアレルギーが全く無い・・・ 奥様はどう思っておられるのかなあ。


木燃人
2010年12月23日 08:54
たきあんさん
京都生まれの京都育ちのたきあんさんには、白ペンキの家は抵抗があるのは理解できます。 しかし、陽気が売り物の人達には、似合うだろうし、より気持ちまで明るくなるかもしれないから、彼らには不自然ではないのでしょう、何しろ彼らには詫びやさびの心は無いのですから・・・・。


sawaka
2010年12月23日 15:06
木燃人さん
空気の澄み切った美しい街ですね。「アロータウン」の町は観光用に作られたような、町に思えました。山のふもとの町は、西部劇の撮影風景で見たようですね。「さくらんぼ」も現地で買えそうですね お花の手入れの行き届いた町、花博へ行ったような気分ですね。


木燃人
2010年12月23日 16:55
sawakaさん
観光誘致にかなり積極的な町のようで、手入れもよくされていますので、そう言えば、観光用に作ったようにみえますね。 山形天童で食べた「サクランボ」の味が忘れられなくて、食べたかったのですが、未だ熟していなく、食べさせてもらえなかったのは、大変残念でした。