2010年12月25日  No 563

ニュージーランドの旅 12.ミルフォードサウンド・クルーズ


2010.12.07(火)  旅行5日目

大自然が息つくフイヨルド国立公園の中でも、際立った場所、ニュージーランドを代表する風景とも言われるミルフォードサウンドに、遂にやって来たのだ!!!。

この船に乗せてもらって、湾の入り口までのクルージングだ!。

美しい!!!!!・・・・・、正三角形の山が水面に浮かぶ、世界的にも稀な景色だとか。

年賀状に採用内定!。

どこかのコマーシャルで見た世界一の景色だ!。

岩石のみの山が直接海にそそり立つ、砂の無い海岸線だから、大きな船も岸に近づけるのだ!。

もう少し出て、左をみれば、南極大陸だ!。これでも海かと思うほどの、超ベタなぎの海だ・・・。

野生のオットセイだ!、それも大勢さんだ!。

みんな気持ちよさそうに眠ってる!。

クルージングが終わった後は、フイヨールドを遊覧飛行しながらクイーンズタウンに戻るのであるが、それは次回に載せたい。

                   < 続 >

前(2010.12.24) 次(2010.12.26)

コメント

shuttle
2010年12月26日 09:25
木燃人さん
ニュージランド観光の目玉、「フイヨルド」。ニュージーランドを代表する風景とも言われる「ミルフォードサウンド」のお写真、つくづくと眺めました。何とも言葉で表現できないくらいの素晴らしさですね。深い渓谷は、何億年かかかって氷河が作り上げた、とか聞いたことがあります。 私も「桂林」や「ライン川」などで川下りをしたことがあります。どれも素晴らしい景色でした。それらを断然、越える景観です。自然は、人間技では考えも及ばない物凄さを見せてくれますね。


木燃人
2010年12月26日 09:51
shuttleさん
いやー!、ほんとにきれいでした。 それに、都合良くこの日は快晴で、天気も味方をしてくれて、すこし寿命が延びた感が!。 添乗員が言ってました、「当分の間、宝くじは買わない方がいい」と、それだけ私たちは恵まれていたようです。もう一度でも行きたくなるほどですが、今度行くと天気に阻まれて、がっかりするのかも?。


たきあん
2010年12月26日 19:10
木燃人さん
この世の楽園という言葉がぴったりです。 覗いてはいけない世界を見てしまった感です。 「桂林」「ライン川」「ミルフォードサウンド」・・・ そうですか?南極の近くまで来たのですか。 別世界です。


sawaka
2010年12月26日 20:29
木燃人さん
ニュージランドの風景全てに於いて息を呑むような美しさですね。今年の締めくくりに良い思い出ができて、さぞ満足でしょう。 水面に浮かぶ三角形の岩、オットセイの、のどかな様子、癒されますね。雪山から落ちる滝の水、ニュージランドを象徴する 「フイヨ―ルド」天候に恵まれて本当によかったですね。


木燃人
2010年12月27日 10:56
たきあんさん
ライン川は見てませんが、桂林も確かにきれいですが、どちらかと言えば、ミルフォードの方が美しいと私は思います。決定的に違うのは山の形だと思うので、好みの問題でしょうか?。 いやー!、ほんとにうっとりするような景色です!。


木燃人
2010年12月27日 11:03
sawakaさん
ミルフォードサウンド辺りに限るようですが、年間降水量が8000mm以上といわれているので、よく雨が降る地域なのですが、幸いにも快晴で美しい景色を堪能する事が出来、最高の思いでを作る事が出来ました。