2010年12月26日  No 564

ニュージーランドの旅 13.ミルフォードサウンド遊覧飛行


2010.12.07(火)  旅行5日目

ミルフォードサウンド・クルーズを終えて、今度はミルフォードサウンドを空から見る「フライバック」であるが、これは遊覧飛行と名を付けた安易な観光企画ではなかろうか?。二番煎じであるが故に、殆ど感動などなく、360NZ$(¥23千円)はちょっと高い気がする。

黄色いのは、ここでは嫌われものの「エニシダ」の花である。

30分余りの飛行で、クイーンズタウンに到着。(下は飛行場の事務所)

このあと、御一行さまは、バスでホテルに戻り、夕食までの時間、思い思いの行動をするのであるが、私はホテルの向こう正面にある「クイーンズタウン・ガーデン」に行くのであるが、それは次回のレポートだ!。

                     < 続 >

前(2010.12.25) 次(2010.12.27)

コメント

sawaka
2010年12月26日 20:48
木燃人さん
2回目の遊覧飛行ですね。30分の飛行時間は、長く感じますか? ニュージランドでの飛行観光は一生の思い出になりますね。定年まで一生懸命に働いた自分へのご褒美でしょう。海外旅行は、見るもの全てが新鮮ですから、私は、大好きです。


木燃人
2010年12月27日 10:44
sawakaさん
一回目は45分でしたが、前回の方が感動が大きかった分だけ短く感じましたね。 昔から憧れていたし、想像以上に美しい景色であったので、心に響くものは大きく、忘れられない、貴重な思い出になりました。 やっぱり、海外はいいです、ますます行きたくなってきました。


shuttle
2010年12月27日 15:08
木燃人さん
1度「クルージング」で眺めた絶景を、もう1度、空から見下ろしたと言うわけですね。確かに、感動は、少なくなったでしょう。どんな素晴らしい風景も、2度、3度と眺めれば感動が薄くなります。しかし、カメラに収めた俯瞰図は、後になって良い思い出になることでしょう。


木燃人
2010年12月27日 17:08
shuttleさん
最高のお茶も二番煎じでは味も落ちます。もっと違う風景を見せてくれるかと思ったのです。顧客を減らさないためにか、具体的なコースなどを知らせなかった事に不満の声があったのも事実でした。”フライバック”の意味を厳密に考えなかった方が悪いのでしょう。 でも、まあ、これも良い思い出のひとつにしておこうと思います。


たきあん
2010年12月27日 18:59
木燃人さん
空の旅は実は数多く経験しているのです。 Google Earth ご存知だと思いますが世界中を飛び回っています。 南極までも飛行可能です。グランドキャニオンはもう何度も行ってます。 実物を見せられると侘しくなってきますがね。


木燃人
2010年12月28日 09:14
たきあんさん
Google Earth 見た事はありませんが、最近は地図でも大きく進歩してますから、立体的になって、実際の見たままに近くなってるのでしょうね。 いいですねー!、格安で世界中に行けるのですから!。