2010年12月27日  No 565

ニュージーランドの旅 14.クイーンズタウン・ガーデン


2010.12.07(火)  旅行5日目

ミルフォードサウンドを船から、そしてセスナ機から見て、一旦ホテルに入り、小休止後、夕食までの自由時間を使って、「クイーンズタウン・ガーデン」にやってきた。

ここは無料で入れる、多目的公園と言った佇まいで、多くの市民の憩いの場になっているようだ。

【クイーンズタウン・ガーデン Queenstown Gardens】  

ワカティプ湖に突き出した半島にある14ヘクタールの敷地をもつ公園。小川のせせらぎ、鳥のさえずり、色とりどりの花々が迎えてくれる。また、ニュージーランドの原生植物、バラ園では手入れの行き届いたさまざまなバラを観賞することもできる。園内には子供用の遊び場、ボウリング場、スケートリンクやフィットネストレイルもある。

この公園は「ワカティブ湖」に突き出た半島の先端部分にあり、対岸がクイーンズタウンの街である、おらがホテルは、下の写真の少し左にある。

絵葉書に使えないかなあ?!。

”玉ころがし”のゲームのようだ。専用のグリーンはゴルフのそれよりも、芝生がよく手入れされている、玉は真円でないために、転がすと微妙に曲がるので、これを如何に操るかが勝負の分かれ目になるようだ。

睡蓮はどこに行ってもこれが主役のようだ。

今日は船や飛行機による遊覧が多くを占めたので、総歩行数は4861と少なかった。 明日はクイーンズタウンを離れ、ロトルアに向うのである。

                     < 続 >

前(2010.12.26) 次(2010.12.28)

コメント

たきあん
2010年12月28日 10:26
木燃人さん
昨日、ニュージーランドの紹介をテレビで放映していました。 夜中になるので録画しましたがまだ観ていません。楽しみにしています。 昔、アランドロンの「太陽がいっぱい」という映画がありました。 私は何故か木燃人さんの今回の旅行の写真を見ているとこの映画の風景を思い浮かべてしまいます。 あの有名なサウンドトラック盤も甦ってきます。今回の写真もそうです。海、山、空等の明るさの故でしょうか。


木燃人
2010年12月28日 12:31
たきあんさん
このブログのお陰で、ニュージーランドが一躍有名にんりましたね、政府から表彰状を貰わなくては・・・。 「太陽がいっぱい」のあの海の画面はほんとうに明るく美しいものでしたねー。 船を引き揚げたら、死骸が出て来た、あの最後の場面のアランドロンの顔が浮かびます


たきあん
2010年12月28日 14:29
木燃人さん
>このブログのお陰で、ニュージーランドが一躍有名に・・・
わはは、木燃人さんも有名になったものですね。 さて、BS放送は「パノラマビュー」という15分間だけの番組でした。 クイーンズタウンのワカティプ湖やサザンアルプス街道を紹介していました。 世界で一つしかないパノラマを築き上げたとの説明もありました。 雨が降ると山々の頂から無数の滝が現れる場面等は凄いです。 何も無かった岩肌に突如として現れる滝の群れ、今日一日だけの贅沢な眺めだと紹介していました。 ハイビジョンの52型の大画面ですから迫力があります。 だんだんとニュージーランドファンになって来たのかな?


木燃人
2010年12月28日 17:11
たきあんさん
ここの山は砂や土の少ない岩盤で出来ており、標高が千メートルを超えると、急に樹木が無くなるので、雨が降ると、自然の鉄砲水が発生するのでしょうね。 景色を見るためには、天気はよくなくてはならないが、瀧を見られるのは多めの雨が降った時ですから、雨が降っても楽しむことが出来ると言う訳ですねー!。
ぼつぼつ、ニュージーランド行きを、奥さんの説得にかからないと・・・・