2011年01月09日  No 579

石窯パン,和みカフェ”ゆるり”


昨年(2010)、三重県四日市市広永町(工業団地北)にオープンした”石窯パン、和みカフェ「ゆるり」”を尋ねた。ここは、古民家を店舗に改装し、昔懐かしい家具なども飾り、手作り感いっぱいの落ち着いた和風の店ながら、味と新鮮な素材にこだわりの、まさに”ゆるり”と出来る空間を醸し出している。 (訪問日 2011.01.06(木))

店の外観(左が入口、手前左が駐車場)

なつかしい”ちゃぶだい”だ!。

今日はピザ(¥600)とコーヒー(¥400)を食べたが、美味しかったので、二人で一枚追加させてもらった。パンも食べたかったがそうは腹が許さず、お持ち帰りとした、別腹(?)の”黒糖ぜんざい(¥450)”は食べたが、流石にちょっと食べ過ぎたようだった。

かのシンガーミシンだ!。

年代物の時計だが、まだ正確に時を打つとか。

お父上殿が娘のために丹精込めて作った窯、薪を使った本格的な”焼き窯”だ!。美味しそうな臭いが漂う・・・パンやピザを焼くようだ。

実を言うと、我が娘が、”ゆるりママ(店主)”の友達なので、無理を言って置いて戴きまた、大学生の孫娘までも、アルバイトさせて戴いているので、再々娘から言われていたのであるが、遅くなったが、やっとお尋ねしたのである。

なお、場所やメニューは、ゆるりママが出している下記の「ゆるり日記」を参照されたし。       http://pancaffe.blog37.fc2.com/blog-category-4.html

前(2011.01.07) 次(2011.01.11)

コメント

たきあん
2011年01月10日 09:18
木燃人さん J,HのGさんって言うんですか? ”ゆるり”拝見しました。いいですね。 女房も我家で庭を見ながらコーヒーの喫茶店をしたいって常々言っております。(商売抜きで一杯100円位で) 古い箪笥や時計等我家にも同じようなものが沢山ありましたので思わず見とれてしまいました。 シンガーミシン等、懐かしいです。

木燃人
2011年01月10日 09:32
たきあんさん ”ゆるり日記”の私のコメントを読んで戴きましたね。そう、JとHのG(爺)です。 そうだ!。たきあんさんちの座敷なら、ぴったんこ、なにもしないでも直ぐ開店できますよ、それに骨董品等飾り物は本格的であるし!。 京都松室、苔寺へ歩いて5分と宣伝したら、バスツアーで団体さんがきますから、駐車場を確保しないとね!。

shuttle
2011年01月10日 10:49
立派な古民家ですね。構えが大きくて家の中も広いです。こうした古い家を改造して、「喫茶店」「軽食堂」などにすることは多いようです。お嬢さんも、そこでアルバイトなさっているんですか。それはそれは、贔屓にしないといけませんね。近ければ私たちもお邪魔したいところです。 「ゆるり日記」も、拝見しました。一生懸命に工夫されているご様子、何でもご商売となると難しいものですね。

木燃人
2011年01月10日 12:08
shuttleさん 大きな古民家をたっぷり活用してますから、広くてゆったり出来るのがいいです。 お父上もゆるりママも大変器用なので、窯や飾りものに手作りの物が多く、大変上手に雰囲気を盛り上げています。 この不況下、ライバルも少なくないでしょうから、経営は大変でしょうね、頑張って欲しいものです。