578 大須観音

2011年01月17日

2011.01.05(水)

急な思い付きで、名古屋に来て、熱田神宮に参拝のあと、大須観音に来て見たのである。

来て見ると、熱田さんとは一味違って、やはり参拝者はさほど多く無かったが、本殿へ参る人の行列は長く、加わる気にはなれなかった。

ウイキペディアによれば・・・

大須観音(おおすかんのん)は、愛知県名古屋市中区大須にある真言宗智山派の別格本山。本尊は聖観音。寺号は詳しくは「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」と称し、宗教法人としての公称は「宝生院」だが、一般には大須観音の名で知られる。日本三大観音の1つとも言われる観音霊場である。なごや七福神の一である布袋像を安置する。寺内に、『古事記』の最古写本をはじめとする貴重書を多数蔵する「真福寺文庫」がある。

ひと通り撮影を終了し、境内のひと際大きい屋台のお姉をふと見ると”掃溜めに鶴”、東ちずるかと思われる美女がにっこりとほほ笑むではないか!!!。幸にして、屋台のイスはガラ空きだ、これはしめた!と座り込み、時は丁度飲み頃の時間、カンビールとどて煮を所望したのであった。

一人でやってると、そこに気のいい”おっちゃん”が現れ、私のカメラを見て、気易く話掛けて来て、写真談義に花が咲き、アルコールは友を作ると思う間もなく、門限が近づく、されど、おっちゃんは話好き、中々席を立てないのであった。

今日は遅くなると話がこじれる可能性がある(詳細は書かない)との判断があって、おっちゃんには悪いと思いつつ重い腰を上げたのであった。名刺を渡したが、観音さんのご縁で、もう一度おっちゃんに会いたいなあと思うが・・・・・・。

長く続けていた、”ニュージーランドの旅日記”が途中で途切れましたが、この次からは、最後まで続けて掲載しますので、よろしくお願いします。

前(2011.01.15) 次(2011.01.19)


コメント

たきあん
2011年01月17日 19:15
木燃人さん
おっちゃんは此処の観音様のお導きかもしれませんよ。大事にしてください。 私も毎日散歩していますが途中で同年代のおっちゃんと話し込んだ経験があります。 名刺まで頂いたのですがそれっきりです。ご縁がなかったのかもしれません。


木燃人
2011年01月17日 19:39
たきあんさん
おっちゃんに私は名刺を渡したのですが、先方はかなり酔っていて、名刺を探している内に忘れたみたいなので、一方通行ですが、向こうが気があれば、電話かメールが来るでしょう。多分!。 初対面ですが、何となくどこか気が合う人は世の中に何人かはいるものですねー!。


sawaka
2011年01月17日 21:23
木燃人さん
私も、大須観音様には、年に一度は行きます。 周囲に、ビルが多く、熱田神宮に比べてて趣に欠けますが、木燃人さんの写真を拝見して、観音様の建物がこんなにも立派だったのかと、改めて驚きました。特に朱色が良いですね。 年末のイルミネーション、大須の町の賑わいを見に出かけて行きます。大須演芸場にも、漫才を見たり、花形歌舞伎にも、出かけて行きました。


shuttle
2011年01月17日 21:39
木燃人さん
前回、熱田神宮参詣は、1月5日でしたよね。同じ日に大須観音へお参りされたとありましたから、これも5日でしょう。5日正月と言いますが、5日に行列が出来るほど、沢山の人が参拝に来られるんですね。驚きました。何時も、沢山の人がお参りしていますが、行列写真は初めてです。 のひと際大きい屋台のお姉さん「東ちずる」そっくりさん。私なら、そちらの方と話し込みたいです。


木燃人
2011年01月18日 12:12
sawakaさん
私は、ここには2年ぶりつらいですが、きれいになったと思いましたが、やはり補修工事をしたのかも知れませんね。 熱田さんも、お伊勢さんとは異なった良さがありますが、大須も庶民的で暖かさがあり、私は以前から好きです


木燃人
2011年01月18日 12:42
shuttleさん
この日の行列は表参道までの長蛇になってましたが、不思議なことに、この行列以外には、ほとんど人が居ないことでした。お参りした人は、さっさとお帰りになるようで、ふらふらしてるのは私だけでした。 そりゃぁ!、もう、「東ちずるさん」とお話したかったのですが、おっちゃんがカメラを見て、いち早く側に来ちゃったものだから・・・・・。