2011年01月25日  No 582

ニュージーランドの旅 24.インデックス


ニュージーランド旅行記 インデックス


ブログ日付 12/14  1.クライストチャーチ・庭園  旅行初日,2日目

   12/3旅の始まり、 12/4オークランドに到着、国内線でクライストチャーチに向う。
      そして最初の訪問地 エイボン川畔の庭園などを見た。
      花はバラの他にスイレンなど3種を掲載。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/15  2.クライストチャーチ家庭訪問  旅行2日目

   庭が広くて花いっぱいの、普通の家庭を訪問し、食事を戴く。
      花はバラの他に12種を掲載。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/16  3.クライストチャ-チ中心街

ク   ライストチャーチのシンボルたる大聖堂とその周辺の公園や建造物などを紹介。
      付録として「旅について思うこと」を掲載。 

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/17  4.クライストチャーチ・ホテルと周辺

   ホテルは周りをぐるりと花に囲まれたザシャトーオンザパーク。
      近くには広大なハグレー公園がある。
      花はバラの他に13種を掲載。 

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/18  5.デカポ湖とルピナス  旅行3日目

   マウントクックに向う道中において、デカコ湖のミルキーブルーとルピナスの競演を見る。
      ルピナスの他に花は3種。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/19   6.プカキ湖、ホテルと周辺

   美しいマウントクックが窓から見えるハーミテージホテルにチェックインし、周辺を散策する。
      ホテルの周りはまるでお花畑、ルピナスなど12種の花が咲いていた。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/20   7.マウントクック遊覧飛行

    ホテルから近くの小さな飛行場からヘリコプターによる45分間の飛行。
      富士山より少し低いマウントクックを遊覧し真近で見る。
      山の平らな所に降りて、雪と戯れる時間もあった。 
      花はルピナスの他4種。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/21   8.オマラマ羊牧場  旅行4日目

    今日は晴れてミルキーブルーの美しいプカキ湖を見ながら、クイーンズタウンに向う。
      その途中、オマラマで牧場に立ち寄り、羊とそのショーを見る。
      花はシャクヤクのようなありふれたものながら5種を見る。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/22   9.フルーツショップとアロータウン

   フルーツショップにトイレ休憩で立ち寄った。
      果樹園では大きな粒の”さくらんぼ”が木が折れないかと思う程に・・・
      また、立派なバラ園もあり、今を盛りと咲き競っていた。
      その後、金の採掘で栄えた町並みがそのまま残るアロータウンに入る。
      付録として”旅について思うこと”を掲載

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/23   10.クイーンズタウン

    クイーンが住むにふさわしい街についに入る!。
       美しい町並みを見下ろす、ロープウエーで上がった山上のレストランで夕食。
       ホテルは湖畔の リッジスレイクランドリゾート。
       花は3種を掲載

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/24   11.クイーンズタウン〜ミルフォードへ  旅行5日目

    ミルフォードへ向う途中で、小さな観光地を尋ねた。
       @ エグリントン平原 驚くほどに、広くまっ平な原っぱである。
       A ミラー湖 鏡のように美しい小さな湖
       B ソブズフラット 新緑がまぶしいほど。
       C モンキークリーク ニュージーランドを代表する花「マウントクックリリー」に出会う。
       D ホーマートンネル 交互通行の細いトンネルと周辺の雄大な景色にうっとり!。
       E ザキャムス 何も見えないが、兎に角深い割れ目なのだ。
゙       花はマウントクックリリーの他に2種。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/25   12.ミルフォードサウンド・クルーズ

    世界屈指の景色のよい所をクルージングする。
       野生のオットセイを見つつ、外洋に出ると、もうそこは南極だ。
       雨の多い所ながら、快晴に恵まれたのは、かなり運が良かったのだとか

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/26   13.ミルフォードサウンド遊覧飛行

   ”フライバック”と言う名を理解せず小型飛行機に乗って、
       ミルフォードサウンドを空から見るのだが、船で見た景色を空から見る。
       二番煎じはやはりねー!。 

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/27   14.クイーンズタウン・ガーデン

    旅の自由時間にホテルの対岸にある、ガーデンにやってきた。
       無料で入れる多目的公園である。
       花はスイレンなど8種を載せたが、他にも沢山の花があった。
ホテルは前泊と同じ、湖畔の リッジスレイクランドリゾート。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/28   15.ロトルア・レッドウッドフォレスト   旅行6日目

    後ろ髪引かれながらもクイーンズタウンを立ち国内線でロトルアに向う。
       そして、メコイア杉とシダが美しい、レッドウッドフォレストへ。
       昼食はロトルア湖のほとりで済ませ、湖畔の散歩でコクチョウと戯れる。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/29   16.テ・ブイア 間欠泉

     30m噴き上げる温泉は、生憎とタイミング(?)が合わず、見られず。
       花は豪華な、ニュージランドクリスマスツリーが見られた。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 12/30   17.マオリの村、ナイトショウ

     マオリの文化と伝統を今に伝える村を見学。
       ホテルの夜のショウはマオリが伝統の歌や踊りを披露。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 1/ 3  18.ロトルア・ホテル周辺

     ホテルの近くのガヴァメント・ガーデンにある、ロトルア博物舘などを紹介する。
       ホテルは スティマホテル。
       花は5種を掲載。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 1/ 5 19.ワイトモ鍾乳洞、土ホタル  旅行7日目

真っ暗で音もない洞窟の天井に張り付いて、青白い光を出し、
       粘液を垂らし獲物が掛かるのをじっと待つ 土ホタル、
       世界には不思議な生き物が居る事をまた一つ知った。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 1/11 20.オークランド・マウントイーデン

RoseLandsというレストランでステーキを食べるが、ナイフが切れず息が切れる。
       レストランの付近は花がいっぱい。 代表的な5種を掲載。
       標高196mのマウントイーデンに上がり、オークランドの市街を見る。

         ここをクリックして頂戴

ブログ日付 1/19   21.オークランド市内観光

      セントメアリー大聖堂、ホーリートリニティー大聖堂を見学
       大きなヨットハーバー近くのレストランにて最後の晩餐をシーフードで。
       夕闇せまる首都オークランドを散策の後、空路帰途につく。

         ここをクリックして頂戴


ブログ日付  1/21  22.雑感(1)

     ニュージーランドという国、人、自然などについての所感。

         ここをクリックして頂戴


ブログ日付 1/23   23.雑感(2)

     今回の旅の企画、催行状況についての所感。

         ここをクリックして頂戴


ブログ日付  1/25  24.インデックス

前(2011.01.23) 次(2011.01.27)

コメント

sawaka
2011年01月25日 20:00
木燃人さん
ニュージランドの美しい景色、と行き届いた説明に子供の頃に、見た「世界童話全集」を思い出しています。世界には、夢のような沢山の景色に出会えるんですね。 健康で、ツアーに入って行ける間に見分を広めて行きたいです。活きる時間とお金を使って楽しみたいです。 神社、お寺のアドレスを教えて頂き、大変参考になります。これさえあれば、もう本は入りません。是非使わせて下さい。

木燃人
2011年01月26日 09:17
sawakaさん
折角、大金を叩いての旅だったので、それだけで終わらせては勿体ないと、後々も楽しめるようにと、インデックスを作りました。 ブログ全体も同じような意味で、作りつつあります。 あまり見栄えは良くありませんが、追々追加、充実させて行きたいと思ってますので、よろしければ、ご覧戴きたいと思います。

たきあん
2011年01月26日 09:30
木燃人さん
インデックスが少し長すぎた感があります。 インデックスは索引ですからパッと全体像を掴みたい訳です。 目的の場所に飛ぶには一通り全部目を通さなくてはいけません。 「寺社の索引」は過去のすべてのブログをカバーしていますのでリストにする等の意味がありました。 しかし「ニュージーランド」はその時だけですからその意味がないかもしれませんが。

木燃人
2011年01月26日 14:32
たきあんさん
名称を”インデックス”としたのがいけなかったようですね。”見出し”位の方がよかったかも。 ブログの中でやれる事は少ないのです。しかも、ブログは一日限りのもので、どんどん埋もれて行きますから、ここにインデックスを置く意味は無いのです。当然、今作っている、全体のインデックスの中に”海外シリーズ”などとして作りますが、それは先になるので、今は旅の同行者や、ニュージーランドに興味のある人達に便宜を図った積りもあるのです。 アクセスログを見ていての、読者に対するサービスの向上対策です。

shuttle
2011年01月26日 18:12
木燃人さん
「インデックス」作り、ご苦労様でした。これで引けば、一瞬にして見たい箇所に行けます。ホームページなどでは、よく見られる手法ですね。私も「ホームページ」を持っていますから、索引方法には、色々頭を悩ませた覚えがあります。素人ですので、余り上手くは行きませんが・・。仰るように、出来るだけ細かに、直ぐそこへ辿り着けるように工夫すべきでしょうね。私の場合、「index」画面では国内旅行、海外旅行、愛知万博、結婚周年写真、自分史など「大見出し」とし、海外旅行などは、国別に索引できるようにしてあります。自分史も、少年期、青年期、学生別、教員時代(これは更に細分して、勤務校別)、子供の成長(3人別々)等々。しかし、木燃さんの、「ホームページ」の素晴らしさには、到底及びません。

木燃人
2011年01月26日 18:12
shuttleさん
このインデックスを一番必要としたのは私だったかも知れません。思い付いた時に、必要なページを即座に出したいと思ったからです。 しかし、ブログの中では自由度が少なく、この程度のものになりますので、本番はホームページの中に過去のも含めて、大インデックス(?)を作ろうと考えています。 なにしろ、本を見ながらのHTMLでの作成のため、時間がかかりますし、大変不体裁ですが、勘弁してほしいのです。これだけ、頭を悩ませれば、ボケ防止に効果があるやも知れません。