586 観福寺 (東海市)

2011年02月01日

2011.01.22(土)、沿線ウオーキングにて東海市内を約9Km歩いたが、その時訪れた寺などを、別個に紹介しているが、今日は前回の「弥勒寺」についで二回目の掲載である。

「雨尾山 観福寺」  天台宗  本尊:十一面観音菩薩

観福寺は寺伝によれば大宝2年(702年)行基の建立といわれています。その沿革も宝徳2年(1450年)に前身の本堂を建立したことが、寺蔵の棟札によって知られているだけで、そのほかの詳しいことは不明です。現在の本堂は、寛文5年(1665年)に尾張2代目藩主徳川光友の前後3年にわたる造営によって竣工したもので、本尊は十一面観音菩薩:県指定(じゅういちめんかんのんぼさつ)です。

 本尊を奉安する宮殿(くうでん)は入母屋造、妻入、こけらぶきの一間宮殿で、須弥壇下に井桁に組まれた土居盤上にすえられています。足元は須弥壇内にかくれており、棟積みも内陣天井のため失われています。宮殿の建築年代は背面板書の墨書により宝治2年(1248年)と知られていますが、当初は阿弥陀如来をまつる宮殿として造立されたようです。

本堂

本堂は県指定の、中の宮殿は国の重要文化財だそうだ。

甚だしく簡単ながら、お寺の紹介は以上である。 この後は、東海フラワーショーを掲載したいと思っている。

以上

追記

内容、時系列で分類整理した過去の全ブログへのジャンプが可能です。

         http://mokunen.c.ooco.jp/blog-idx/b-idx-0.html

前(2011.01.31) 次(2011.02.03)


コメント

たきあん
2011年02月02日 07:11
木燃人さん
>甚だしく簡単ながら わはは 本当に簡単ですね。 最近、過去の整理に忙しそうでなかなか手が回りませんよね。 ゆっくりして下さい。そんなに急いで何処へ行く?


木燃人
2011年02月03日 08:16
たきあんさん
”過去の整理”に没頭してることは確かですが、それとこれとは別で、要は頭の回転が鈍いから、”かっこう”つけるだけの文章でさえ思い浮かばない、ボンクラ頭なのです。


shuttle
2011年02月03日 11:42
木燃人さん
このお寺の本堂に鎮座まします「仏様」たちは立派ですね。脇の数々の仏様も見事です。こうした仏様たちの前に坐れば、自然と敬虔な気持ちになることでしょう。


木燃人
2011年02月03日 13:31
shuttleさん
小さなお寺ですが、建ってから1300年以上といいますから、長い長い歴史があるのですねー。 それだけに、この仏様を信ずる人が絶えなかった、ご利益があると信じられているのでしょうね。