2011年03月25日  No 609

クリスマスローズ(3)


今年咲いた我が家のクリスマスローズを紹介している。

各花に付けた数字は、種類別に付けた掲載順の番号であるが、厳密な区分はしていないので、或いは重複があるやも知れない。  撮影日 2011.03.02(水)

23-21

ウイキペディアによれば・・・

ヘレボルス(Helleborus)はキンポウゲ科のクリスマスローズ属に分類される植物の総称。ヘレボラスともいう。

「クリスマスローズ」という呼称はクリスマスのころに開花する「ヘレボルス・ニゲル」だけを指した呼称であるが、日本の園芸市場では「レンテン・ローズ」と呼ばれる「ヘレボルス・オリエンタリス」なども「クリスマス・ローズ」の名前で出回る。多くの品種は、クリスマスのころではなく春に開花する

自生地

「チベタヌス」が中国の四川省から雲南省にかけて自生しているのを除けば、15の原種の全てが、東ヨーロッパからバルカン半島からトルコ、シリアに自生している。

20世紀後半の品種改良は主にイギリスでヘレン・バラード氏や、エリザベス・ストラングマン氏によって進められた。「クリスマスローズ」という呼称も「イギリスのクリスマス」に開花するという意味である。

夏は休眠状態となり根は活動を休止し、呼吸しているだけの状態となる。

花に見える部分は植物学上では「花」ではなく「がく片」という部分である。そのため「鑑賞期間」が比較的長い。 ただし本来の花弁も蜜腺として残り、これが大きく発達したものを選別した品種もある

23-22

背景が変わると、花の色も大きく変わるが、実は同じ花なのだ!。

23-23

23-24

23-25

この後、未だ数種類あるが、後報としたい。

相変わらず、内容の全くない、つまらないブログで申し訳ないと思ってはいますが、今の所何ともなりません、悪しからずご理解賜りたく思います。

前(2011.03.23) 次(2011.03.27)

コメント

たきあん
2011年03月25日 19:30
木燃人さん
ホント地味な花ですから見ていても飽きないですね。 背景はいろいろなカラーが出てきますがどういう演出をしているのですか? 勿論、照明もいろいろ持ち込んでいるのでしょ?

sawaka
2011年03月25日 19:35
木燃人さん こんばんは
「クリスマスローズ」まるで造花のような気品溢れています。流石先生ですね。葉が茶色に変色しないのは、年中、屋内で咲かせているんでしょうか ?一番上は花弁の珍しい品種ですね。私は、淡いピンクが、好きですが花屋さんで苗を見る限り、我が家に多いエンジ系統か、濃い紫色が多いですね。濃い色の方が、強いように思われますが木燃人さんの意見をお知らせください。何時も、勝手言ってすみません。

sawaka
2011年03月25日 19:40
木燃人さん
追伸 背景の違いで同じ色でも随分違って見えますね。 我が家のトタン張りのバックでは、花もポーズをためらいそうです。

木燃人
2011年03月25日 20:01
たきあんさん
これらの写真は2008年に当ブログで紹介した、自家製の「スタジオ装置」を使ったり、応用して撮っています。 http://mokunenblog.jugem.jp/?day=20080507 背景は種々の色をした布、10枚程を使ってますが、中々ぴったり合うのは難しいです。今回の写真は似た花を背景を変えて撮ってるのも、どれが合うか試した結果でもあります。

木燃人
2011年03月25日 20:07
さわかさん
同じ花でも背景の色を変えると、花の色まで変わる場合があります。特に青や紫系の色は変わりやすいです。 原因はレンズのせいだと思いますが、これは、欠点でもあり、生かす工夫もあるのですが、安いレンズが原因しているのかも知れません。これを臨機応変、良い方にコントロールするのは、至難の業です。

木燃人
2011年03月26日 08:14
sawakaさん
返事を忘れました。 私は専門家ではないのでよく解りませんが、我が家では屋内に入れる事はありませんが、夏場は日陰に移動させます、また、我が家は敷地の方向が悪く、日照時間がかなり短いですが、これと葉の色との関係はわかりませんが、日に当て過ぎは茶色くなる可能性は大きいと思います。 花弁が細く変形したものがありますが、これは我が家の特徴のようで、近所の人も珍しいと言います、原因は肥料のやりすぎではないかと、私は言ってますが、結論は出ていません。 ”濃い色が強い”、確かに濃い色のものは、よく育っていますが、強いという感覚は持っていません。湿気には弱いのは全般がそうですが、特に紫系は沢山枯れましたね。 申し訳ありませんが、知識不足で、的確な返答になりませんでしたね?。

shuttle
2011年03月27日 08:30
木燃人さん
クリスマスローズ、見事に咲きましたね。お師匠さんに習って、家内もクリスマスローズ栽培には、一生懸命です。水遣り、肥料工夫、移動、植え替え、色々やっています。お蔭様で、数種類のクリスマスローズが、かなり大きく育ちました。家内も、自分のブログに載せるのが、楽しみのようです。

木燃人
2011年03月27日 13:46
shuttleさん
そうですね、先日数種類のクリスマスローズのお姿を拝見しました。美しい紫のダブル(八重)が見事に咲いてましたので、もう大丈夫でしょう。大変熱心にやられていますので、もう、私の方が教えて戴かなければならない日も近いように思います。