2011年03月29日  No 615

梅だより(5)


2011.03.20(日)、東名阪道「鈴鹿IC」の近く、花川町と思しき地に、恐らく販売目的で生育と陳列をされている所、言わば”しだれ梅畑”が大変きれいと聞いてやって来たのである。

いやー!、きれい!。

流石は商品であるだけに、念入りの育成、手入れがされていて、見事!。

河津桜?

しだれ梅が見事に着飾って、お婿さんが迎えに来るのを待っていた。この嫁さん貰うのに、結納金はどれくらいなのかと、凡人は無粋なことが頭をよぎる。

前(2011.03.27) 次(2011.03.31)

コメント

sawaka
2011年03月29日 20:41
木燃人さん こんばんは
きれいですね、剪定も枝ぶりも見事です。農業センターの枝垂れ梅も綺麗ですが、此処の枝垂れ梅は、土地活用が広々としていますね。隣の枝とぶつかり合う事も無く手入れが行き届いていますね。今年の春も梅を満喫できました。 結納金は、木燃さんでしたら、どのくらいまで、弾みますか ?剪定を綺麗にした枝垂れ梅を見に出かける方が、安く上がるような気がします。 河津ざくらも、見頃ですね。これからは楽しみがいっぱいですね。

shuttle
2011年03月29日 21:13
木燃人さん
枝垂れ梅の売り物は、鉢植えの小さなものばかりと思っていましたが、こんな立派な成木も、売るのですか。これだと随分高値が付くでしょうね。しかし、売らずに、このまま美しい枝垂れ梅園にして、お客さんを呼んでくれたほうが楽しいです。

木燃人
2011年03月30日 07:57
sawakaさん
流石は商品です、よく手入れが行き届いています。 そうですねぇー、植える場所があれば植えたくなりますが、結納金は高いものになりましょうねー!。 庶民はやっぱり、農業センターがいいです。何しろただですから!。

木燃人
2011年03月30日 07:57
shuttleさん
これだけの枝ぶりになると、豪邸か公園とか植物園などにしか、売れては行かないかもしれませんねー。 近いし道路沿いで、駐車場もあるので、いつも見させてもらえると嬉しいですが、商売ですから、今年は美しい状態を見られましたが、来年はどうなるのでしょう?。

たきあん
2011年03月30日 16:41
木燃人さん
大変綺麗ではあるのですが植物とはいえ命がありますので複雑な気持ちです。 そんなこと言いながらも私達はワンちゃん(チワワ犬)を高い値段で買ったのをどう弁明したらいいのか。 こんなしだれ梅を買う人はどんな方でしょう。数百万するのでしょうか、見当もつきません。 東北地震でうかれてはいられません。

木燃人
2011年03月30日 17:04
たきあんさん
植物は本来、自身の繁栄のために、美しい花で懸命に着飾る訳ですが、人間はそれを金儲けに使うなんぞ、恐れ多いことかもしれませんね。 どんなお大臣が買ってゆくのか知りませんが、大切に育てて欲しいものです。最も高価なものですから、大切にされない訳はないと思いますがね。