632 京都東山散策 (2) 永観堂

2011年04月22日

2011.04.11(月)、京都東山北部をてくてくあるきの最初は、「南禅寺」であったが、次二番目の訪問先は「永観堂」である。

ここは、数年前に紅葉の時期に来て、美しい銀杏の黄葉に感動したものであったが、紅葉ばかりに目が行って、お寺の印象が薄いのと、春はどうなのか確かめたくてやってきたのである。入って見ると、やはりここは秋のお寺、観光客は極めて少ないが、ひと通り見ることにした。


A 「永観堂(禅林寺)」

      京都市左京区永観堂町48
      浄土宗西山禅林寺派総本山
      拝観料 ¥600    

大きなお寺ではあるが、今は訪れる人は殆ど無く、ひっそりとしている。やはり、ここは紅葉の時期が一番だ。

いくつかのお堂は廻廊(臥竜廊)で繋がっており、一度入れば大方の内部を見る事が出来る。


ここも1時間弱で訪問を終え、少し歩いて、哲学の道の出発点、を通り次の訪問地「若王寺神社」に向った。

ここまでの本日の歩行数は早くも約8000となり、南禅寺ともども綿密に見て回ったから、歩数が大きく伸びたのであった。


前(2011.04.20) 次(2011.04.24)


コメント

shuttle
2011年04月22日 17:39
木燃人さん
「永観堂」は、「哲学の道」半ばにある、立派な寺院ですが「堂」と言うので、小さいと思ってしまいますよね。ここは、仰るように紅葉の美しい寺院です。今の桜や若葉の永観堂 は、見たことがありません。しかし、お写真で見る限り、桜、若葉の永観堂も、素晴らしいではありませんか。


木燃人
2011年04月22日 18:06
shuttleさん
私もここは2回目なんですが、前回は紅葉に気をとられて、建物など全く見てない事を今頃気づき、紅葉でない時に敢えて来たのですが、おっしゃる通り、寺院は大変立派ですし、要所には桜などを配置し、春も楽しめるようになってました。


sawaka
2011年04月22日 20:21
木燃人さん
観光バスで一度行った事はありますが、殆ど覚えていません。まだ、桜も綺麗ですね。 山を背に趣のある大変立派な、お寺ですね。池にはオシドリ カモ ですか? お庭も綺麗に整備されて、池の水鳥を見ているだけで、時間を忘れそうです。新緑の季節ゴールデンウイークになれば、人も多くなります。季節としては、一番ゆっくり出来そうですね。


たきあん
2011年04月23日 08:18
木燃人さん
石を配置した写真はいいですね。 後ろの土塀の瓦とマッチングしています。 よく観ると我家にもある筧が写っています。 きっと紅葉が映えるでしょうね。 このお寺の前に美味しいカレーうどん店があるそうです。 いつかご一緒できるといいですね。


木燃人
2011年04月23日 09:35
sawakaさん
ここを尋ねたのは、4月411日の事でしたが、桜は満開の日でした、あとから出て来ますが、鴨川の堤防では、少し風があって、桜吹雪が舞って、誠に風流な気分を味わうことが出来ました。 流石は紅葉の名所です、訪れる人は少なく、お陰で私には誠に好都合、ゆっくりと見て歩くことが出来ました。


木燃人
2011年04月23日 09:46
たきあんさん
ここの枯れ山水、かなり賑やかな作りですが、それはそれでいいものです。 我が家では、プラ箱の池を遂に掘り上げてしまったので、筧も獅子脅しも完全に撤去しました。跡地はどうもクリスマスローズが侵略してくるようです。 美味しいカレーうどんの店があったのですか!。残念、永観堂を出た所で空腹を覚えたので、若王寺神社で売ってた、弁当買って食べました。 もっとも、弁当買う前に、店を2軒覗きましたが、満員だし並ぶのは嫌いなので、止めたいきさつもあるので、そこには多分入れなかったでしょうがね。