700 京都-北の古寺(1) 源光庵

2012年03月10日

奈良、京都を尋ねる行動計画はばっちり出来ているが、3月になったと言うのに、中々花便りが届かない。今日2012.03.03(土)は久々ながらも一日限りの晴天、これを逃す訳には行かないとばかりに、例により急な思い付きで飛び出したのである。

奈良の梅のある寺などが本命としていたが、梅は二週間程も遅れているとの情報があるので諦めて、先ずは京都の「鷹峰」方面として、急遽「ナビ」の目的地を変更してのお出掛けとなった。今日は土曜日、高速は普通車を中心にかなり多いが、順調に走る事が出来た、京都市内はスムースとは言えないながらも、9時半頃に第一の訪問先に到着した。


「源光庵」   (げんこうあん)   

         京都市北区鷹峰北鷹峰47
         宗洞宗 鷹峰山寶樹林
         拝観料¥400、駐車無料



源光庵は、貞和2年(1346)、臨済宗大徳寺住持の徹翁義亨(てつおうぎこう)により隠居所として建立された復古堂に始まる。その後、衰微していたが、元禄7年(1694)加賀(金沢市)大乗寺の卍山道白(まんざんどうはく)禅師が金沢の富豪中田静家の援助により再建され曹洞宗へ改宗した。また卍山道白は当時の曹洞宗の慣習(寺を継ぐと法系に従って僧は法系を棄てなければならない)を憂い、旧規の復古を願い自らを復古道人と名乗り本堂に「復古禅林」を掲げたとされた。ここから源光庵を別名「復古禅林」とも称されている。


「迷いの窓」

  「人間の生涯」を象徴し、生老病死の四苦八苦を表すとか。

窓は素晴らしい作りであるが、しかし、見える向こうの景色が今一で少し残念だ。それが「四苦八苦」なのだろうか?。


「悟りの窓」

   「禅と円通」の心を表し、円は大宇宙を表現するとある。


この窓には何も書かれてなかったので、ならば「安堵の窓」と付けたらどうだろうか?。


立派な庭であるが、尋ねる時期がよくなかった、緑が少なく、赤茶けているのは皐月であろうか?。


好天の土曜日と言うのに、一般の参拝はわれわれだけ。 看板によると、11時から法要とあり、入れなくなる事を知ってのことだろうか?。

この「源光庵」の南北すぐ隣に古寺が2つあるが、それらは次回に紹介したい。

今回のシリーズのタイトルを「京都-鷹峰の古寺」としていたが、時間があって北区の南端を超えるに至ったので、異論もあろうが例により私の偏見で、北区+αと言う意味で「京都-北の古寺」シリーズとした。


前(2012.03.09) 次(2012.03.12)


コメント

shuttle
2012年03月10日 12:51
木燃人さん
いよいよ始まりましたね。京都の北山近辺からですか。この「源光庵」と言うお寺は、お参りしたことも、見学した覚えもありません。近くに、どのような寺院があるかも知りません。書院の窓から眺めた風景が良さそうです。やはり、由緒あるお寺なんでしょうね。「グーグル・アース」で、検索してみました。「常照寺」「円成寺」「光悦寺」「吟松寺」などが、近辺にあるようです。有名な「大徳寺」も少し南に下がるとあるようです。また、これらの紹介もあるのでしょうね。お写真ともども楽しみにしています。 


木燃人
2012年03月10日 13:56
shuttleさん
はいっ!、始まりました!。
「光悦」と言う人が、この辺りを開発したそうですが、いくつかのお寺がりますので、その内私が選び出した「京都の寺270」に載せた所を主に見て行きたいと思います。今回のメインは「大徳寺」と考えています。
当分の間、このシリーズが続きますが、"旬"のある花などの話題が出た場合は途中に挟んでゆきますので、よろしくお願いします。


sawaka
2012年03月10日 20:21
木燃人さん こんばんは
春とは言えまだまだぽかぽか陽気の日差しは遠いように思えます。久し振りの寺院巡りに選ばれた、静かな佇まいの減光庵は 落ち着いた寺院ですね。特に3月3日は、お節句の日、しかも 少し歩いただけでも、汗ばむ陽気でした。良い日を選ばれましたね。このまま寒さとおさらばかと思いきや、又逆戻りの寒い日になりました。 お風邪には、くれぐれも、気を付けてください。


瀧庵
2012年03月10日 20:49
木燃人さん
すっかり木燃さんに戻りました。お独りで運転されたのですか?ここに運転手が待機しているじゃありませんか。手術後お逢いしてないのでお声のかかるのを待っておりましたのに。 鷹峰は市内から大分北ですが若い頃には打ちっぱなしやボーリング場へ友と遊びに出かけた所です。 マーク2を新車で買ったばかりの時で横に彼女を乗せて人生で一番の時期だったかもしれません。 「源光庵」等は眼中に無かったですね。下から3枚目の写真は借景として少し山並みが見てとれます。 うまく借景を利用したらいい絵になったではないかと一人前の事を言わせてください。


木燃人
2012年03月11日 08:37
sawakaさん おはようございます。
定番の古寺社巡りを再開しました。まだ花や緑などの脇役は眠ってますが、この日は突発的に暖かい好天だったので、じっとして居られなかったので出掛けたのです。
三寒四温の時期です、暖かい日と寒い日が交互に来ます。まだまだ寒い日があるので、要注意です。


木燃人
2012年03月11日 09:16
瀧庵さん
今回も助手付きでした。バスで行きそのあと瀧庵さんにお世話になる方式は、思いカメラを持たねばならず、まだそこまでの体力はありません。また、瀧庵さんご自身の健康もあり、声掛けは当分無理と思ってます。お気持ちは有難く戴いております。
今回も助手に、交換レンズなどを持たせ、歩く距離を最小にし、且つ、駐車料が最低とすべく、綿密に計画してあったものです。