708 京都-北の古寺(9) 本法寺

2012年04月02日

2012.03.03(土)、3月に入ったとは言え、未だ寒いが今日は久々の晴天日、この日を逃すまいと、通常より1時間も早起きして京都にやってきた。そして鷹峰、西賀茂、大徳寺と回り、8つの寺を見て来たが、土曜日の割には人込みにも遭遇せず、スムースに動けたこともあって、まだ時間はたっぷりあるので、更に南下して上京区に入ってきた。

この辺りは茶道の本場、行き交う人の多くが男女ともに和服が多く、流石は京都としみじみ思う所である。本来ならカメラを向けたいが、妙令の(美しく見える)方々に無断でシャッター切るのは失礼であるから、まことに残念ながら断念した。


「本法寺」   (ほんぽうじ)

         京都市上京区小川通寺の内上る本法寺町617
         日蓮宗本山  叡昌山
         境内拝観自由  駐車無料


こじんまりとしているが、美しい建物のある寺だ。


本法寺の表門が面する小川通には、茶道の表千家・不審菴、裏千家・今日庵や茶道具・茶器を売る店が並ぶ。表千家は千利休(1522〜91)の子の少庵が千家再興を許されたとき、利休の不審菴をこの地へ移建し「表千家」とした。

表門は紀州家からの譲り受けたのもで、内側は国指定の名勝庭園となっている。この表千家の北側(本法寺表門の向正面になる)に在るのが「裏千家」。千少庵の子の宗旦が表千家の裏に隠居所を立てたのが始まり。

一間腕木門の内側は国指定の名勝庭園である。この裏千家・今日庵の背後(東側)に、日蓮上人の孫弟子、日像(にちぞう)が創建した、京都における日蓮宗の最初の寺院として知られる妙顕寺がある。

このあとその「妙顕寺」などに向うがそれは次回としたい。


                   < 続く >


前(2012.04.01) 次(2012.04.03)


コメント

瀧庵
2012年04月02日 11:55
木燃人さん
京都縦のメイン通り「堀川通り」を入った処にあるのか。日本園風でなく中国情緒があります。 このあたりはお寺が多いですね。。もう既に8件とは新記録更新じゃないですか? 飛ばし過ぎないように。


sawaka
2012年04月02日 20:01
木燃人さん こんばんは
京都ツーの木燃さんは、たまには、宿をとられるんですか、 日帰りは、お疲れでしょう。今回の本法寺は、瀧庵さんのおっしゃられた、中国風の寺院を、取り入れた所もありますね。勿論京都の寺院は趣があります。よく整備されて、重々しい感じがします。本法寺は、全てに於いて、絵になります。本当に美しいお寺ですね。


木燃人
2012年04月02日 20:15
瀧庵さん
万福寺が黄檗宗であり、中国風の建物でしたが、ここは日蓮宗ですから、宗派には特に関連がないように見えますが、よく解りません。
そうなんです。今回は従来よりも、ゆっくり慎重に回った積りなのですが、非常にスムースに行けたので、従来の一日11寺参拝の記録を更新しちゃったのです。小じんまりした寺が多くて、歩数が9千歩で収まったからでしょうね。


木燃人
2012年04月02日 20:21
sawakaさん こんばんは
瀧庵さんのコメントの返事にも書きましたが、一度尋ねれば多少なりとも費用がかかるので、出来るだけ効率的に回るよう、かなり緻密な計画をしてあるのと、行けば貪欲に見て回るので、朝9時過ぎから、15時頃までに10を越す寺を回ってしまうのです。だから、京都で一泊なんぞはあり得ません。しかし、そろそろ体力の限界に来たようで、もう記録の更新はないでしょうね。


shuttle
2012年04月03日 16:24
木燃人さん
解説を読むと「本法寺」は、茶道の千家と密接な関係があるのですね。「この辺りは茶道の本場、行き交う人の多くが男女ともに和服が多く、流石は京都としみじみ思う」と言うご感想も成る程と頷かれます。カメラを向けることが出来なくて残念でしたね。 今は「肖像権」などと言うのが煩いです。


木燃人
2012年04月03日 18:51
shuttleさん
最近は和服姿がめっきり少なくなりましたから、残念ながら私のカメラには殆ど写って無いものですから、是非取りたかったんですが、頼むことさえ出来ずに惜しい事をしました。 やはり日本人は和服だと思ったものですから・・・・。