710 京都-北の古寺(11) 妙顕寺

2012年04月07日

2012.03.03(土)、急な思い付きで京都に来て、何とすでに10の寺を見て来たが、まだ時間があり、ここらは日蓮宗の密集地、もうひと寺でお終いとして、入って見たのである。


「妙顕寺」  (みょうけんじ)

        京都市上京区寺の内通新町西入妙顕寺前町514
        日蓮宗  四海唱導妙顕寺  具足山


当山は北陸総鎮守「気比神宮」の学問所とし、藤原不比等の子、北家藤原家「藤原武智麻呂」により、「春鶯山 気比神宮寺」として創建される。その後、永仁二年(1294)三月、日蓮聖人の法孫である日像上人が華洛弘教の途中、当山にて一夜の宿を申し出た。時の別当であった「覚円」はその数四六番の法論を交わすも、日像上人は悉くそれを論破。教化を受けた覚円は気比神宮寺を現寺山号に改める。覚円が日像上人の弟子となった事により、覚円の弟であった「明覚」は寺宝である「名刀番神丸」を手に夜襲を企てたが成らず、かえって教化されたという。寺伝には、「夜襲行いしかども、三十番神上人を守りこれにて、改宗いたし・・・」とある。

 時は流れ、当山第七世「三智院日森上人」は宗風を盛んにし本山客末上首となる。これにより、本山と同じであった山号に「最初」の二字を加わり「最初具足山 最初妙顕寺」と号し、日像菩薩「四箇聖跡」中第一の名刹となったのである。  史実より元亀元年四月、織田信長が、朝倉氏天筒山城攻めの折り、当山にて陣を張ったことより、当山が地方の要所であったことがうかがえる

 宝永・天保年間の二回の大火により、塔頭八支院を含め全山焼失するも、その後歴代再興を尽くす。しかしながら昭和二十年七月戦火にて、再度焼失。当山歴代四十四世「教智院日洸上人」本堂・庫裡再建、四十六世「教護院日晨上人」本堂再々建、四十七世「教應院日亮上人」書院・庫裡増築、現在に至るのである。


京都でも戦災に遭ってる所があるとは知らなかった。近くに軍の施設でもあったのだろうか?。


何故かここも工事中にて、本堂などに入ることは許されなかった。

かつては日蓮宗の大本山であったようだが、詳しいことはよく解らないので、参考までに寺のホームページを載せておく。

      http://shikaishodo.com/index.html


                       < 続く >


前(2012.04.06) 次(2012.04.09)


コメント

瀧庵
2012年04月07日 12:54
木燃人さん
ホームページに屋根瓦の葺き替え工事の様子が掲載されています。莫大な費用が発生します。 過去に何度も火災に遭ったとか・・・現在は最先端の防火装置がセットされていることでしょうが放火が多いと聞きます。何の恨みがあるのでしょうね。


木燃人
2012年04月07日 16:33
瀧庵さん
そう言えば金閣寺も放火だったような記憶があります。何故なのでしょう?。まさか今時宗派の争いなどでは無く、極個人的な恨みやねたみが原因なのかも知れませんね。
東京辺りはもう桜は満開の報道もありますが、京都・御所の桜は見頃だったようですが、情報ではここらへんと同様にまだ先の所が多いようですね。特に山間部はまだ蕾だとか・・・・。


sawaka
2012年04月07日 21:23
木燃人さん こんばんは 「妙顕寺」は工事のようですね、お寺も改修もあり費用も 大変ですね。経はテレビで、京都のお庭を放映していました。 木燃人さんのブログで紹介して頂いたお寺も沢山ありました。 特に、竜安寺のさくらは、庭から眺められれるように塀の外で 、一際目立って綺麗でした。


木燃人
2012年04月08日 17:37
sawakaさん
そうなんです、工事中の寺には結構出逢います。
火事などもあれば、老朽化もあるし、直すと言っても普通の家などと違って費用も莫大かかるでしょうから、大変でしょうね、
その費用はどうやってるのでしょうか?。宗教法人ですから、かなり優遇税制ですし、現金収入が多いでしょうから、税を逃れる方法も多岐に渡るのかもしれませんね。