725 帯解寺 (奈良)

2012年04月11日

奈良の古寺めぐり (1)

予てから奈良行きを計画していたが、ここの所天候と都合がうまく整合しなかったが、2012.04.02(月)は両者良し、通常よりも1時間早起きをして出掛けたのである。東名阪道は相変わらず通行量が多く、景気の好転を感じさせるほどである。

東名阪道、四日市周辺から亀山辺りまでの混雑は全国的にも有数らしく、一時的に車線を増やす工事の実施との新聞記事があった。原因は新名神道の一部開通で名古屋方面も含め京都、大阪へが近くなったこととされているので、新名神が湾岸道と繋がれば復元するそうだ。

名阪「天理東IC」で降り、通勤ラッシュらしき混雑の中を、国道169を北(奈良市中心部)に向け、15分足らずで最初の訪問地に到着した。我が家から2時間弱であった。


「帯解寺」  (おびとけでら)

        華厳宗 子安山
        奈良市今市町
        境内無料  駐車場無料


寺伝では、元は霊松庵といい、空海の師である勤操大徳によって開かれた巌渕千坊の一つであったという。長らく世継ぎに恵まれなかった文徳天皇后の染殿皇后(藤原明子)が当寺にて祈願をしたところ、惟仁親王(後の清和天皇)が生まれたことから、天安2年(858年)、文徳天皇の勅願により伽藍が建立され、勅命により帯解寺と名乗るようになったという。以来、安産・子授け祈願の寺として朝野を問わず篤い信仰を集めるようになった。

江戸時代には、徳川三代将軍家光に世継ぎがなく、側室の御楽の方が当寺にて祈願したところ、竹千代丸(4代将軍・家綱)を安産した。その折種々の瑞祥があり、家光は瑞祥記を当寺に下賜し、仏像仏具等も寄進した。寛文3年(1663年)にはその家綱より手水鉢の寄進があった。 また、徳川二代将軍秀忠の正室お江与の方(お江)の安産祈願したことも有名。

20世紀以降も美智子皇后、雅子皇太子妃をはじめ、三笠宮、高円宮、秋篠宮などの皇族が当寺において安産祈願を行っている。


お寺には珍しい"なまめかしい”物が・・・。


この後、今日のもう一つの目的たる、「ガン封じ」の祈祷を受けるのであるが、それは次回に掲載したい。 


                        << 続く >>  


前(2012.04.10) 次(2012.04.12)


コメント

shuttle
2012年04月11日 08:50
木燃人さん
お寺の名前も象徴的ですね。「帯を解く」とはね。山名も良いです。「華厳宗 子安山 」。宗派は、由緒ある「華厳宗」なんですか。現世利益の見本のようなお寺様です。祈れば子供が授かる。権力者の妻妾は、不思議と子供が授かりません。権力者の「精力」が続かないのでしょう。お寺に参拝したとて、効果は薄いでしょうが、「苦しいときの神頼み」なんでしょうね。現代でも皇后や皇太子妃が、参拝されているとは・・。


木燃人
2012年04月11日 10:11
shuttleさん
そうらしいですねー。
権力者は金と力に物を言わせて、あちこちにばらまくから、薄くなってしまい"正室”には子が出来難いのでしょうか?。お世継ぎが自分たちの権力の維持に繋がるのだから、藁に縋りたいのでしょうねー!。現代の皇族方もこの小さなお寺に来てお祈りするとは、きっと、余程の”ご利益”があるのでしょうねー。


瀧庵
2012年04月11日 12:18
木燃人さん
帯解寺とは艶かしい名前ですね。聞いただけでも子授かり効果満点です。 子供の無い方は藁をも掴む思いでお参りされるのでしょう。
隣の神社も「王安石}が祭られ、この石をさすると子授かりのご利益があるそうな。 近所ではここだけの話、拾ってきた石と噂されています。


木燃人
2012年04月11日 12:28
瀧庵さん
お寺も神社も何とかして、人を集め、お布施や賽銭を入れて欲しいと懸命です。
それにしても、女性のふくよかな下腹部を面前に置いた寺も珍しいのではないでしょうか?。これを美智子さまも見られて、どんな顔をされたのか、失礼ながら、興味があります。きっと、にっこりと優しい笑みを浮かばせられたのではと想像します。