2012年05月28日  No 770

ご近所の花(6)


花の命は短く、一週間もするとその顔ぶれはがらりと変わる。特に春は早いように感じ、追われるようにして、またもやご近所回りをやったのである。


「フタりシズカ」  本ブログ初登場

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/hutarisizuka.html

これに対抗(?)する「ヒトリシズカ」とは科も属も同じであるが、花の咲き方も形もまったく異なる。能楽の「二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたものとか・・・。

「ヒトリシズカ」花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/hitorisizuka.html


姓名不詳   本ブログ初登場  

山野草を専門的に、植物園も及ばないような多種多様の花を植えて居られ、ありきたりの花しか載せてない「四季の山野草(NHK)」などを探したが見つからない。


「ジョチュウギク」(除虫菊、白花虫除菊)本ブログ初登場

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/jyotyuugiku.html

言わずと知れた「蚊取り線香」の原料だ。もう少しかっこいい園芸種が多数現れて、今や忘れられた存在だ、昔は田舎のどこの家にもあったように思う懐かしい花だ。


「ジキタリス」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/jikitarisu.html


「イキシア」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/ikisia.html


姓名不詳

「イキシア」でも「スバラキシス」でもない、花も茎も葉も一回り小さいのだ。


「ヒメヒオウギ」 別名:「アノマテカ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/himeougi.html


「レンゲ」

珍しい赤一色のゲンゲだ!。


「オステオスペルマム」 別名:アフリカンデージ

「ヂモルホセカ(アフリカキンセンカ)」にも似てるが、この二つを別物とするか、同属とするかで、意見が分かれているようだが、ここでは同属としておいた。


「ビジョナデシコ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/bijyonadesiko.html

まだ「美女」というよりも「髭撫子」にしといた方が良かったかも。


「キイチゴ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kiitigo.html


「ペラルゴニウム」別名:「ファンシーゼラニュウム」本ブログ初登場


「シャクヤク」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/syakuyaku.html


ご近所には見た事もないような素晴らしい花が多いが、名前の解らないものも多々あり。 私の持てる全ての安物植物図鑑数冊を全ページめくって見るが、残念ながらそこに載って無いか、若しくは確定出来ないので姓名不詳とした。

私は植物や花の専門家ではなく、単に興味を持ってまだ数年経っていない全くのど素人であります。もしも名前のお解りの方、又は、間違いにお気付きの方は、大変面倒をおかけしますが、是非コメント欄などに書き込みをお願いいたします。


前(2012.05.27) 次(2012.05.29)

コメント

瀧庵
2012年05月28日 13:33
木燃人さん
>特に春は早いように感じ・・・ 今の日差しは完全に夏ですよ。春は過ぎ去りました。 春夏秋冬では当然春が最も賑やかでしょうが他の季節にもそれぞれの花が咲く訳だから一年中楽しめる訳ですね。 唯、冬は極端に種類が減ってしまいますから木燃さんにとっては面白くない訳です。除虫菊といえば我家ではまだ渦巻状の蚊取り線香を草取り用に愛用しています。スプレイ式の虫除けより効果絶大です。花の名前ご苦労されていますが、これだけネットが進歩したのに花の名前のページってないのですかね。

木燃人
2012年05月28日 19:05
滝庵さん
季節を通じて咲く花の割合を考えてみたのですが、やはり春が一番多くて、全体の45〜50%位でしょうか、そして秋が25〜30%、夏が15〜20%冬が5〜10%として見ましたがどんなものでしょうか?。春が過ぎ去ろうとしてます、これからは少ない花を確実にゲットせねばとの思いです。
名前が解る花の資料は有り余るほどあるのに、名前が解らないとどうにもならないのです。本屋、図書館も再々行きましたが、一番確実なのは、なるべく多く載ってる花図鑑を全ページめくって見ることだと悟りました。

sawaka
2012年05月28日 21:04
木燃人さん こんばんは
ご近所のお庭には、木燃さんでも解らないお花があるんですね。花の種類も膨大ですし、私も、そろそろ認知症が出始めましたので、折角教えて頂いた花の名前も、右から左です。淋しい事です。子供の頃からある花は忘れませんね。我が家では、夏菊が咲き始めました。姪が明日お墓に挿してあげると言って喜んで持って行きました。私の作る花は、殆どです。花好きの、母が喜んでいると思うと嬉しくなります。

木燃人
2012年05月29日 08:39
sawakaさん おはようございます。
新しい品種が生産され、店頭にならぶ、珍しいから買い植える、当然名前が解らない・・・・と言う事もありますが、やはり私の勉強不足で名前を知らないのです。見た事があるか否かは大体記憶してますが、名前は中々覚えられません、最近は特に"かっこよさ"が商品価値を上げているので、和名があっても別のカタカナ名を付けるので、余計に記憶に残り難いと思います。私が和名を覚えても、世間ではカタカナ名が流布されてると、和名が通じないので、私としてはブログ上では、両方憶えようとするから、余計にはみでる(忘れる)ものが多くなるのです。