2012年06月03日  No 772

道 端 の 花 (5)


今日の散歩は重いカメラと関連機材の持参だから、遠くには行けないが、春は花が沢山咲いているから大変に楽しい。”テリトリ”は三滝川堤防周辺であるが、休眠宅地にも多くの花が咲いているので入らせてもらった。


「マツヨイグサ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/matuyoigusa.html

本来は夕方から咲き始めるから、この名が付いたようだが、真昼間から惜しげも無く開いているが、狂ったのではなさそうだ。この花の別名が「ツキミソウ(月見草)」と言う説もあるようだが、昼間も堂々と咲いてるのに、月見草はないだろう!。


「コマツヨイグサ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/komatuyoigusa.html

外来種であり、しかも、生態系を壊す危険植物らしいが、川に近い野原に蔓延っている。


「キツネアザミ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kituneazami.html


「アザミ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/azami.html


「アメリカフウロ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/amerikahuuro.html

子供の頃、家で飼ってるウサギやヤギの餌にする草刈りに行ったついでに、「アメリカフウロ」によく似た「ゲンノショウコ(薬草)」と言う草を根元から鎌で切って来て、軒先に吊るして乾燥させられた事を思い出す。


「ニワゼキショウ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/niwazekisyou.html


「コバンソウ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kobansou.html


「クサノオウ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kusanoou.html


「コウゾリナ」 (顔剃菜)

花図鑑: 

間違ってもこの草で顔を剃らないように!。顔が傷だらけになるのみで、毛の一本も剃ることは出来ないから・・・・。


「キキョウソウ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kikyousou.html

今野原に沢山咲いているが、「桔梗」とは、全く別のもの。この命名は褒められないのではないだろうか、余りにも違うからキキョウにとっては、とても迷惑だと言ってるように見える。


「イヌガラシ」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/inugarasi.html


「キツネノボタン」

花図鑑: http://mokunen.c.ooco.jp/fpkan/flw/kitunenobotan.html

下の写真、中央が「実」であるが、この形から「金平糖草」と呼ぶこともある。


まだまだ、色々な花があるが、今日はこの辺りでお終いとしよう。


前(2012.06.02) 次(2012.06.04)

コメント

sawaka
2012年06月04日 21:14
木燃人さん こんばんは
「道端に咲く花」可憐で可愛い花が多いですね。中でもあまり木が大きくなる草花には、困りものです。我が家のお隣さんは、草で荒れています。大きなあざみの木は我が家の花畑まで入ってきますし、草も背丈の長い物も多いですね。でも一つ一つの花は可愛いですね。

木燃人
2012年06月05日 08:39
sawakaさん  おはようございます。
そうですね雑草は一般に生命力が強いですから、かなりひどい環境でもぐんぐん大きくなり、蔓延りますので、畑などをなさってる方には、誠に厄介な存在でしょうね。近くに雑草を放置した土地があると、種が飛んで来て繁殖しますから、大変迷惑な存在です。我が団地は出来てから年数が経ち、居住者が高齢化したので、一層若い人が入居しなくなって、空き家=雑草放置が目立ちます。藪蚊の発生もあり、何とかしてほしいのですが・・・・・。