アカバナマタタビ

(赤花木天蓼)



撮影:2019.05.11  山野草展



 ミヤママタタビ  No 
 サルナシ科
 マタタビ属
 原産
 ・つる性の枝は他の樹木や岩などにからみつき、よく分枝する。
 ・枝は無毛であるが若枝には淡褐色の軟毛がつく。
 ・花は通常は白色であり、赤色は珍しい。

撮影:2019.05.11  山野草展