アカツメグサ

(赤詰草)



撮影:2010.12.05 マウントクック(NZ)



 ムラサキツメグサ(紫詰草)
 赤クローバー
 クローバー
 No 0020
 マメ科  
 シャジクソウ属   
 ヨーロッパ、西アジア他原産
 ・多年生の草本で、大きさは株により 20-80cm とまちまちであり個体変異が大きい。
 ・互生する葉は3枚の葉片から構成されるいわゆる三つ葉で、葉片3枚をあわせた径は 15-30 mm であり、 葉片1枚の幅は 8-15mm である。各葉片には葉の中ほどに特徴的な三日月型の白い模様が入る。
 ・葉柄は長さ 1-4cm で2本の托葉を備える。
 ・花は鞠状の集合花序をなし、その径は 2-3cm である。花色は黒みがかったピンクで、基部ほど色が薄くなる。
 ・稀に白花を咲かせる株もあり、この変異が固定された園芸種をセッカツメクサ(雪華詰草) 又はシロバナアカツメクサ(白花赤詰草)とも呼ぶ。

撮影:2010.12.05  マウントクック(NZ)