アメリカンブルー



撮影:2012 我が家の庭



 エボルブルス  No 0500
 ヒルガオ科  
 エボルブルス属   
 北南アメリカ他原産
 ・分布の中心はアメリカで、東南アジアには2種のみ知られています.
 ・日本で一番多く栽培されているのは「アメリカンブルー」の名前で親しまれているエボルブルス・ピロサスです。 北アメリカ原産の本種は1980年代に日本に入ってきたといわれています。 今ではエボルブルスの名前でも見かけますが、当時は正確な名前などがよくわからなかったのか、 アメリカ産の青い花を咲かせる植物ということで『アメリカンブルー』の商品名で普及して現在に至るようです。
 ・1990年代に鉢花として広く普及しました。かわいらしい青い花、 花期が長く育てやすいことなどが比較的早く普及する要因になったのかもしれません。 花の大きさは1~2cm、茎は長く伸びますが直立せずに横に這うように伸びていきます

撮影:2012  我が家の庭


撮影:2011.06.11 ご近所