アメリカシャクナゲ

(アメリカ石楠花)



撮影:2011.06.07 鈴鹿サーキット



 カルミア
 花笠石楠花
 No 0290
 ツツジ科  
 カルミア属   
 北アメリカ東部原産
 ・葉は厚い革質でシャクナゲの葉に似ており、アメリカシャクナゲといわれる。
 ・5月ごろ枝頂に大きな散房花序をつけ、 絵日傘のような杯状をした径1.5~2センチメートルの淡白紅色の花を開くので、 ハナガサシャクナゲともよばれる。
 ・花冠は浅く5裂して内面に紫斑があり、雄しべは10本ある。
 ・果実は粘毛のある小球形の果で、多数の種子がある。
 ・半日陰でも日当りのよい場所でも育つが、適湿な肥沃地を好むので乾燥地は避け、 庭木、鉢植えにする。繁殖は実生、取木、接木による。

撮影:2011.06.07 鈴鹿サーキット


撮影:2010.05.28  京都植物園