ア サ ガ オ

(朝顔)



撮影:2013.07 我が家の庭


 No 0859
 ヒルガオ科
 サツマイモ属
 ヒマラヤ他原産
 ・日本への到来は、奈良時代末期に遣唐使がその種子を薬として持ち帰ったものが初めとされる。 アサガオの種の芽になる部分には下剤の作用がある成分がたくさん含まれており、 漢名では「牽牛子(けんごし)」と呼ばれ、奈良時代、平安時代には薬用植物として扱われていた。
 ・なお、遣唐使が初めてその種を持ち帰ったのは、奈良時代末期ではなく、平安時代であるとする説もある。 この場合、古く万葉集などで「朝顔」と呼ばれているものは、本種でなく、 キキョウあるいはムクゲを指しているとされる。

撮影:2013.07 我が家の庭


撮影:2012.07 我が家の庭


フルサイズ写真