ア サ ザ

(浅沙)



撮影:2008.07.10 草津・水の森公園



 ハナジュンサイ  No 0278
 ミツガシワ科
 アサザ属
 日本原産
 ・浮葉性植物で、地下茎をのばして生長する。スイレンに似た切れ込みのある浮葉をつける。 若葉は食用にされることもある。
 ・夏から秋にかけて黄色の花を咲かせる。五枚ある花弁の周辺には細かい裂け目が多数ある。 花から生産された種子は翌年に発芽するほか、土壌シードバンク(埋土種子)を形成して、数年間休眠することもある。
 ・湖沼や池に生育する。ただしため池などの改修工事や水質汚濁などに伴い、 各地で個体群が消滅、縮小している一方で、これまで生息していなかった地域からの報告が増えている。

撮影:2008.07.10 草津・水の森公園