ア ザ ミ

(薊)



撮影:2010.06.17 奈良・滝谷



 オニアザミ  No 0051
 キ  ク科
 ア  ザミ属
 日本 他多原産
 ・標準和名を単にアザミとする種はない。スコットランドの国花。
 ・葉は深い切れ込みがあるものが多い。また葉や総苞にトゲが多く、さわるととても痛いものが多い。 頭状花序は管状花のみで作られていて、多くのキクのように周囲に花びら状の舌状花がならばない。 花からは雄蘂や雌蘂が棒状に突き出し、これも針山のような景色となる。 花色は赤紫色や紫色をしている。種子には長い冠毛がある。
 ・若いときには根出葉があり、次第に背が高くなり、茎葉を持つが、最後まで根出葉の残る種もある。 草原や乾燥地、海岸などに出るが、森林内にはあまり出現しない。別名刺草。
 ・名前の由来は、アザム〈傷つける、驚きあきれる意〉がもとで、 花を折ろうとするととげに刺されて驚くからという説がある

撮影:2010.06.17 奈良・滝谷


撮影:2008.08.08 伊吹山


アザミはアザミでも・・・違う種か?

撮影:2010.09.26 御在所岳