バ ニ ラ



撮影:2013.05.08 東谷山フルーツパーク


 No 0764
 ラ  ン科
 バ ニ ラ属
 メキシコ、中央アメリカ原産
 ・蔓(茎)は樹木やそのほかのものにからんで成長していく。 長いときは60 mを超える。種子は香料の原料となるが、収穫した豆(種子鞘)には香りはない。 ここから発酵・乾燥を繰り返すキュアリングを行う事によって初めて独特の甘い香りがするようになる。 鞘の中には非常に微細な黒色の種子が無数に含まれている。
・日本国内でも観葉植物として苗が流通することがあり、植物の入手自体はそれほど難しくない。 しかし栽培には冬期に高い温度を必要とすることと、大きな株にならなければ開花しないこともあり、 個人栽培で開花・結実させるのは難しい。

撮影:2016.04.12  名古屋東山植物園


撮影:2013.05.08  東谷山フルーツパーク