ビ  ワ

(枇杷)



撮影:2012  三重県民の森


 No 0725
 バ ラ科
 ビ ワ属
 中国南西部原産
 ・葉は互生し、葉柄は短い。葉の形は20cm前後の長楕円形で厚くて堅く、表面が葉脈ごとに波打つ。 縁には波状の鋸歯がある。枝葉は春・夏・秋と年に3度伸長する。
 ・花芽は主に春枝の先端に着く。 花芽は純正花芽。花期は11~2月、白い地味な花をつける。 花弁は5枚。葯には毛が密に生えている。 自家受粉が可能で、初夏に卵形をした黄橙色の実をつける。
 ・果実は花たくが肥厚した偽果で、全体が薄い産毛に覆われている。 若干の耐寒性を持ち、寒冷地でも冬期の最低気温-10℃程度であれば生育・結実可能である

撮影:2012  三重県民の森

撮影:2018.06.01  ご近所