ブーゲンビレア



撮影:



 イカダカズラ(筏葛)  No 0067
 オシロイバナ科
 ブーゲンビレア属
 南アメリカ原産
 ・熱帯性の低木。原産地は、熱帯雨林。 ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルに由来する。 花の色は赤から白まで変化に富み、ピンクやマゼンタ、紫、橙、黄のものもあるように見える。 しかし、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな3つの白い部分である。 色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり、通常3枚もしくは6枚ある。 俗に魂の花とも呼ばれている

撮影:2014.10.10 松阪ベルファーム


撮影:2012.11.15 ネパール・ヒマラヤ旅行


撮影:2010.09.02 東山植物園


撮影:2010.05.28 京都植物園