ブルーベリー



撮影:2013.07 京都・法金剛院


 No 0866
 ツツジ科
 スノキ属
 北アメリカ原産
 ・栽培品種の成木の樹高は1.5-3m。春に白色の釣鐘状の花を咲かせ、花後に0.5-1.5cmほどの青紫色の小果実が生る。 北米大陸でのみ栽培される野生種に近い品種は数十cm程度の低木である。 果実は北アメリカでは古くから食用とされてきたが、20世紀に入り果樹としての品種改良が進み、ハイブッシュ系、 ラビットアイ系、ハーフハイブッシュ系、ローブッシュ系の交配により多くの品種が作出された。

撮影:2013.07 京都・法金剛院