デンドロビウム・クスバートソニー



撮影:2013.09.19  京都府立植物園


 No 1394  ラ   ン科
 セッコク属
 ニューギニア高地原産
 ・着生植物で常緑性の多年草。
 ・花は偽鱗茎の先端から1つずつ生じ、長さ3cの花柄の上にあって径3-3.5cmにもなる。 唇弁はシャベル状。花色はきわめて変異に富み、白、黄色、桃色、橙、紅、紫など。 ツートンカラーになる個体もある。開花期は夏から冬だが、個々の花の寿命が非常に長い。

撮影:2013.09.19  京都府立植物園