<

エ ノ テ ラ



撮影:2012.07.18 草津市立水生植物公園「水の森」



 フルティコーサ  No 0152
 アカバナ科
 マツヨイグサ属
 北アメリカ原産
 ・北、南アメリカを中心に、約200種類の仲間が分布する1、2年草もしくは、毎年咲く多年草です。 元々、日本には自生しませんが、海外から持ち込まれたものが10数種、野生化(帰化)しています。 道路脇や、荒れ地、野山などに自生していることも多く、気づかないだけで案外、身近にある植物です。 園芸では昼咲きの多年草が主に栽培されています。同じアカバナ科のゴテチアは近縁に当たります。
主な開花期は初夏~夏、夕方から夜にかけて開花するものが多いですが、昼咲き種もあります。 また、一夜でしぼむ短命なものと、数日咲くものがあります。 花びらは4枚でカップ(杯)状の形を作ります。花色は黄色、白、ピンク、紅色などがあります。 茎は直立するタイプと、這うように伸びるタイプがあります

撮影:2012.07.18 草津市立水生植物公園「水の森」