グロキシニア



撮影:2011.09.30 なばなの里



 オオイワギリソウ(大岩桐草)
 シンニンギア
 No 0518
 イワタバコ科
 オオイワギリソウ属
 ブラジル原産
 ・熱帯雨林の下草として自生していた植物を改良した種である。 不定形の塊茎をもち、草丈は20cmくらい、根生葉(ロゼット)はへら形または倒卵形で大きい。 茎に対生する葉は長楕円形で、天鵞絨のような柔らかい毛が密生している。
・花は適温が維持できればいつも咲くが、普通は6月から9月頃まで咲き、花径5~7cmくらいの漏斗形で、 花色には、紅・藍色・紫・ピンクなどがあり、のどの部分が白いもの、 中心に5~8曜(先が丸い星形)のマークや、深い縁取りのあるものもある。

撮影:2011.09.30 なばなの里