ハゴロモルコウ

(羽衣縷紅)



撮影:


 No 0909
 ヒルガオ科
 ルコウソウ属
 北アメリカ原産
 ・ルコウソウとマルバルコウを交雑して作り出された品種です。 ヒルガオ科の非耐寒性の蔓性の多年草で、大きさが約3cm程度の高杯状の赤い花が多数咲きます。 交雑種としての特徴が葉に表れており、両親であるルコウソウの羽状に深く裂けた葉と マルバルコウのハート形の葉の両方の特質が交じっているためか、 葉は羽状ですがルコウソウほど細かくは裂けておらず、モミジの葉のような形をしています。

撮影:2013.09.19  京都府立植物園