ハルジオン

(春紫苑)



撮影:2010.04 近くの道端


 No 0225
 キ ク 科
 ムカシヨモギ属
 北アメリカ原産
 ・ヒメジョオンと共に、道端でよく見かけることができる。 多年草で、背の高さが30-80cmくらいになる。 根元には篦型の根出葉があり、花の時期にも残ることが多い。葉と茎は黄緑色で、まばらに毛が生える。 茎はあまり枝分かれせずに伸び、先の方で何回か枝分かれして、花をつける。 花はヒメジョオンと同じく、細い舌状花を持つヒマワリのような花だが、 白とピンクのものがある。また、ヒメジョオンより一回り花が大きい。 花の時期は4月-5月頃でヒメジョオンよりも早い。
 ・帰化植物で、日本に入ったのは大正時代の中頃と言われている。現在では、都会を中心に見られる。 また、一部の地域では「貧乏草」と呼ばれ、「折ったり、摘んだりすると貧乏になってしまう」と言われている。

撮影:2010.04 近くの道端