ヘラオモダカ

(箆面高)



撮影:2009.06 我が庭



 
 
 
 No 0301
 オモダカ科
 サジオモダカ属
 日本他原産
 ・湖沼やため池などに生息する。 多年草で、湿生植物、または抽水植物として生育する。 短い茎からヘラ状の葉を根生、葉のサイズには変異が大きく、長さ8-55cm。
 ・花期は7-9月で、花茎は最大130cm程度になる。 花茎は枝を輪生し、花柄の先に3弁の花をつける。 花の色は白かうすい桃色、雄しべは6本、雌しべは環状に多数形成する。 果実は扁平な倒卵形で、大きさは約2.5mm。

撮影:2009.06 我が庭