ヒイラギナンテン

(柊南天)



撮影:2011.04.16 東山植物園



 トウナンテン  No 0355
 メ ギ 科
 ヒイラギナンテン属
 中国他原産
 ・葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は硬くヒイラギの葉に似て鋸葉はとげとなる。 常緑で落葉はしないが、冬に赤銅色になる部分があり紅葉のようになる。 春先に総状花序に黄色い花をつけ、その中にある雄しべは昆虫などが触れることによる刺激で 内側に動いて花粉をなすりつける。 果実は液果で秋に青く熟す。これを実生として、果肉をとり、植える。

撮影:2011.04.16 東山植物園


撮影:2011.03.20 ご近所