ヒ ナ ゲ シ

(雛芥子、雛罌粟)



撮影:2012.03.29 名古屋東山植物園



 ポ ピ ー
 グビジンソウ(虞美人草)
 シャーレイポピー
 No 0373
 ケ シ 科
 ケ シ 属
 ヨーロッパ中部原産
 ・耐寒性の一年草で、草丈50cm~1m位になる。葉は根生葉で、羽状の切れ込みがあり無毛である。 初夏に花茎を出し、上の方でよく分枝し、茎の先に直径5~10cmの赤・白・ピンクなどの4弁花を開く。 現在タネとして売られているものには、八重咲きの品種が多い。 ケシやオニゲシに比べるとずっと華奢で、薄い紙で作った造花のようにも見える。
 ・フランスの国旗の赤を表す花。 1918年の11月11日に第一次世界大戦が講和したことからヨーロッパでは追悼記念式典が行われる。 ヒナゲシはこの戦争の戦没者の象徴である。

撮影:2012.03.29 名古屋東山植物園


撮影:2009.04.04 東谷山フルーツパーク