ヒナマツヨイグサ

(雛待宵草)



撮影:2010.06.02 御在所岳


 No 0254
 アカバナ科
 マツヨイグサ属
 北アメリカ原産
 ・山草として栽培されているものが各地に逸出しているようある。マツヨイグサの仲間だが、昼間に開花する。 草丈は15センチから30センチくらいである。茎は開花前には先が垂れ下がる。 葉はへら形ないし倒披針形で、互い違いに生える。葉の先は尖り、縁にぎざぎざはない、白い毛が生える。
 ・開花時期は6月から8月くらい。 茎の上部の葉の脇に花径1センチから2センチの黄色い4弁花をつける。 花の後にできる実は熟すると下部が裂け、種子が散布される。

撮影:2010.06.02 御在所岳