ホタルブクロ

(蛍袋)



撮影:2011.06.11 ご近所



 カンパヌラ・プンクタータ

 アメフリバナ
 No 0288
 キキョウ科
 ホタルブクロ属
 日本他原産
 ・梅雨期に開花するので、アメフリバナともいう。茎は高さ40~80センチメートル。 根出葉は卵状心形で長い柄がある。茎葉は互生し、長卵形で先はとがる。6~7月、淡紅紫色または白色の花を下向きに開く。 花冠は鐘形で先は5裂し、萼片の間に反曲する付属片がある。
 ・丘陵から山地の畦、道端、野原に生える。 名は、花冠の袋に子供がホタルを入れて遊んだことによる。 萼片の間の付属片が反り返らない変種をヤマホタルブクロといい、花冠は紅紫色で細点がある。 花冠が小形で純白色のシマホタルブクロは海岸型の変種で、伊豆諸島に分布する。

撮影:2015.05.27 菰野町・正眼寺


撮影:2015.05.13 菰野町・正眼寺


撮影:2013.05.31 名古屋白鳥庭園


撮影:2010.06.24 京都・笠置寺