ホトケノザ

(仏の座)



撮影:2010.03 道端



 三階草  No 0231
 シ ソ 科
 オドリコソウ属
 日本他原産
 ・日本では北海道以外の本州、四国、九州、沖縄に自生し、道端や田畑のあぜなどによく見られる雑草である。 四角断面の茎は柔らかく、下部で枝分かれして先は直立する。 葉は対生で縁に鈍い鋸葉があり、下部では葉枝を持つ円形、上部では葉枝はなく茎を抱く。 花期は3~6月、上部の葉脇に長さ2cmほどの紫で唇形状の花をつける。閉鎖花が混じることが多い。 成長した際の高さは10~30cm。
 ・子供が花びらを抜き取り、それを吸って蜜を味わって遊ぶ事がある。 春の七草の一つにホトケノザがあるが、これは本種のことではなく、 標準和名をコオニタビラコというキク科の草である。 ところがこのためにこの種を七草のホトケノザであると誤解されている場合がある。 本種は食用ではないため、注意を要する。

撮影:2010.03 道端