フジグロセンノウ

(節黒仙翁)



撮影:2015.08.28 六甲高山植物園


 No 1172
 ナデシコ科
 センノウ属
 日本原産
 ・山地の林下に生育しています。茎は直立し、節は太く膨らんで紫黒色を帯びます。 葉は卵形、倒卵形または楕円状皮針形で対生します。
 ・7月から10月ごろ、茎の先端に花茎をだして、朱赤色の花を咲かせます。 5枚の花弁は平開します。
 ・京都嵯峨の仙翁寺のこの仲間の栽培種がたくさんあったので、 その名をとって「センノウ」と呼ばれるようになったそうです。 そして、茎の節々が黒ずんでいるので、「フシグロセンノウ」となりました。

撮影:2015.08.28 六甲高山植物園