イブキジャコウソウ

(伊吹麝香草)



撮影:2009.08.08 伊吹山



 岩麝香草  No 0924
 シソ科
 イブキジャコウソウ属
 日本原産
 ・茎は細く、地表を這い、よく分枝する。枝には短い毛があり、直立して高さは3-15cmになる。 葉は茎に対生する。葉身は卵形から狭卵形で、先端は鈍頭、長さ5-10mm、幅3-6mmになり、縁は全縁になる。 全体に芳香がある。
 ・花期は6-8月。枝の先端に短い花穂をつける。 花冠は紅紫色の唇形で、上唇はわずかに2裂して直立し、下唇は3裂して開出する。 萼は筒状鐘形の唇形となる。雄蕊は4本ある。果実は分果となり、やや扁平となる。

撮影:2009.08.08 伊吹山


撮影:2007.07 伊吹山