イ ワ ヒ バ

(岩檜葉)



撮影:2013.10 我が家の庭



 イワマツ  No 0918
 イワヒバ科
 イワヒバ属
 日本他原産
 ・イワヒバ科に属する他の植物と同様に、細くて分枝した茎に鱗片状の小さな葉を密生させる。 ただし、イワヒバ以外は、茎の先端が伸び、細長く地上をはい回り、コケ状になるが、イワヒバの茎は伸び続けず、 数回の分枝をするとそれで止まってしまい、新たな茎がその基部から出る。 新たな茎の出る中心部からは茎が放射状に出る。 またその部分からは細かいのが出て、次第にその先端が持ち上がる。 つまり根の塊が茎のように見え、その先からは葉状の茎が放射状、 水平に出るので全体の姿はソテツかヤシの木のようにも見える。 この葉状の茎は乾燥すると丸く縮まって集まる。

2013.10
我が家の庭