カ キ ノ キ

(柿の木)



撮影:2015.05.18 ご近所


 No 0976
 カキノキ科
 カキノキ属
 東アジア固有種
 ・熟した果実は食用とされ、幹は家具材として用いられる。 葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがある。果実はタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられる。 現在では世界中の温暖な地域(渋柿は寒冷地)で果樹として栽培されている。

撮影:2013.11.30 名古屋・東谷山フルーツパーク