カナムグラ

(鉄葎)



撮影:2017.09.06  近くの野原



 ヤエムグラ  No 1569
 ア  サ 科
 カナムグラ属
 日本他原産
 ・つる性1年草 日本全土の道ばたや荒れ地などに生える。 茎や葉柄には下向きの刺があり、ほかの木や草にからみつく。 葉は対生し、長さ5~12cmで掌状に5~7裂する。表面に粗い毛があり、ざらつく。 雌雄異株。雄花は淡緑色で、円錐状の大きな花序にまばらにつく。 細くて短い花糸の先に大きな葯が垂れ下がる。 雌花は苞に包まれ、下向きの短い球穂状花状につく。 雌花の苞ははじめ緑色で濃紫色の斑紋があるが、花のあと大きくなり、 果期には全体が紫褐色を帯びて先がそり返る。果実はそう果で果皮に包まれる。 花期は8~10月。

撮影:2017.09.06  近くの野原