カルーナ



撮影:



 ギョウリュウモドキ
 ヒース
 シホウハク(四方柏)
 No 1052
 ツツジ科
 カルーナ属
 ヨーロッパ原産
 ・カルーナはエリカに近縁の植物で、エリカと同様ヒースとも呼ばれる1属1種の常緑低木です。 クッション状にこんもりと密生して茂り、この枝でほうきをつくったことに由来します。
 ・葉は鱗片状で、その間から花を咲かせ、枝全体が1つの花穂のように見えます。
 ・エリカは花弁(花冠)が大きく目立ちますが、カルーナは花弁が小さく、 その代わり萼が大きく色づいて花弁のように見えるのが特徴で、 この点がエリカ属との大きな違いとなっています。

撮影:2016.10.29 我が家の庭

撮影:2016.03.04  鈴鹿の森

撮影:2014.09.15 我が家の庭