キクニガナ

(菊苦菜)



撮影:2009.07.04 東山植物園



 チ コ リ

 アンディープ
 No 0688
 キ ク 科
 キクニガナ属
 アフリカ北部他原産
 ・葉や根には独特の苦味があり、肥培した株から出させた芽を暗黒下で軟白栽培したものを、 主にサラダとして賞味するほか、根を炒ったものをコーヒーの風味づけや代用品にも使う。 茶代用品(茶外茶)として飲むこともできる。
 ・カフェデュモンドのコーヒーにはチコリーが配合されている。ベトナムコーヒーもチコリー入りが多い。 コカコーラが発売している爽健美茶にも含まれており、2Lタイプなど、表記にもチコリーの文字が書いてあるものがある。
フランスおよびカナダではアンディーヴと呼ぶが、同じフランス語圏でもベルギーではシコン と呼ぶ。 シコンのグラタンは代表的なベルギー料理のひとつである。